【2021年版】梱包機器 メーカー12社一覧

梱包機器のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


梱包機器とは

梱包機器は梱包された容器を、最後にPPバンドを用いて巻きつける機器です。金額によって手動、半自動、自動など種類は様々です。手動で締める場合には、バンドストッパーと呼ばれる樹脂や金属でできた固定器具を用いることもあります。

PPバンドのPPはポリプロピレンを表します。表面が網目状となっているバンドの事を表します。梱包装置にてPPバンドを巻き付け、バンドを締め付け、最後に切断する工程を経て装置にバンドを固定します。 

梱包機器の使用用途

主に物流業界や製造業界で使用されます。基本的にはPPバンドを手動で締めたほうが安価なのですが、毎日の梱包回数が多い場合は梱包機器を使用した方が非常に効率的になります。

手動式の場合、巻きつけた後にレバーを引っ張ることで引き締めながら切断することができ、確実な梱包が行えます。半自動式の場合、巻きつけるところまで手動で行い、巻きつけ終わると自動で引き締めと切断を行います。センサー制御にて巻きつけタイミングを制御できるのが利点です。

梱包機器の原理

手動でPPバンドを止める場合、バンドストッパーを用いるのが一般的です。一方、梱包装置でPPバンドを止める場合、まず必要な長さへPPバンドを切断し、その後に溶着を行います。つまりPPバンドの表面を溶かしてくっつけます。主に梱包機器にはヒーターが内蔵されており、ヒーターでPPバンドを加熱し溶かすことで溶着しています。

梱包機器は溶着するという原理の為、溶着の精度は日々の気温影響を受けてしまいます。ヒーターの温度が低いとバンドが十分に溶けずにくっつけることができません。反対にヒーターの温度が高いと溶着しきれない状態となり剥がれる危険性があります。梱包機器は一瞬にしてPPバンドを切断、溶着する機器ですので、バンド表面を溶かしすぎるとすぐにはがれてしまいます。

溶着を行ったときの問題点は強度が下がるということです。バンドストッパーを用いた場合は引張強度が1900N程度であるにもかかわらず溶着した場合は1400N程度と大きく下がってしまいます。

参考文献
https://jss1.jp/column/column_244/
https://www.msyn.co.jp/ppstrap/how_to_use/difference_pack/
http://www.shirai-co.com/Q&Akonpouki.htm

梱包機器のメーカー情報

梱包機器のメーカー12社一覧


梱包機器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フジキカイ
  2. 2 ストラパック株式会社
  3. 3 積水マテリアルソリューションズ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 積水マテリアルソリューションズ株式会社
  2. 2 株式会社アスクワークス
  3. 3 株式会社クロダ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社川島製作所
  2. 2 ナイガイ株式会社
  3. 3 株式会社フジキカイ

関連記事

カテゴリから探す