【2021年版】画像処理用照明 メーカー6社一覧

画像処理用照明のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


画像処理用照明とは

一般に、輝度・色彩情報は照明光の特性、対象物体の反射特性、カメラの検出特性によって決定されます。

画像処理の目的により、適切な照明の種類・形状・設置位置・照明色が変わります。画像処理用照明に求められることは、シグナル/ノイズ(S/N)比が高いこと、照明が均一であること、照度が安定することです。

照明の種類にはLED照明、ハロゲン、蛍光灯、キセノンなどがありますが、画像処理用照明としてはLED照明が優秀とされています。

画像処理用照明の使用用途

画像処理用照明の主な使用用途は、工業製品のキズや異物の検出です。

形状・位置・光の波長を適切に調整した照明を対象物に当て、カメラで検出した画像の濃淡により、工業製品のキズをチェックできます。

また同様に適切な照明を工業製品の裏から透過させ、カメラで検出することにより、工業製品内にある異物のチェックが可能です。

物体によって光の反射特性(反射角度、分光特性)が変化するため、入射角や波長を柔軟に変えられる照明が使用されます。

画像処理用照明の原理

画像の濃淡に影響を与える要素は、光源となる照明の特性、光を反射または透過する物体の特性、光を検出するカメラの特性の3つです。さらにこれらの特性は、光の波長によって変化する(分光特性)ことが知られています。

工業製品のキズを検出する場合、キズの部分が光を乱反射することを利用します。指向性のある光源から低角度に工業製品に光を当て、正反射光をカメラで検出しないようにすれば、キズ部分で乱反射された光のみを検出可能です。その結果、キズの部分のみ明るい画像が生成されます。

工業製品内部に異物があるかを調べるには、波長の偏った光源から透過光を当て、カメラで検出します。物体によって分光特性が異なるため、光源の分光特性を調節すれば、異物のみが明るい画像を生成可能です。

画像処理の目的により望ましい照明は変化しますが、その選定に当たっては主に以下の基準を用います。1点目は、正反射か拡散反射か透過かを決めること。2点目は、照明の形状・大きさを決めること。3点目は、照明の色(分光特性)を決めることです。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/denkiseiko/79/4/79_4_299/_pdf/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmehs/2002.39/0/2002.39_189/_pdf/-char/ja

画像処理用照明のメーカー情報

画像処理用照明のメーカー6社一覧


画像処理用照明のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社近藤製作所
  3. 3 株式会社マイクロ・テクニカ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社オプター
  2. 2 株式会社レイマック
  3. 3 有限会社シマテック

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社近藤製作所
  3. 3 株式会社マイクロ・テクニカ

関連記事

カテゴリから探す