株式会社堀場製作所
株式会社シロ産業

【2021年版】グロスメーター メーカー11社一覧

グロスメーターのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


グロスメーターとは

グロスメーターは光沢を評価する装置

グロスメーターは物質の表面の光沢を数値化する装置で光沢計とも呼ばれます。塗装や印刷業界では発色の様子や光沢は品質に関わる重要な項目です。また自動車の内装や建築物でも光沢はデザインに関わる重要な項目であり、これらの製品の評価にグロスメーターは使用されます。

グロスメーターはサンプル表面に光を当てて光沢を評価する

グロスメーターは軽く、持ち運び可能なサイズです。測定の際はサンプルに押し当てて電源を入れることで装置内部に搭載された光源からサンプルに光を照射してサンプル表面から跳ね返った光を解析して結果を表示します。グロスメーターは測定角度、すなわち光の当て方を変えて光沢を測定することも可能です。

グロスメーターの使用用途

グロスメーターは見た目を重視する製品で広く使用される

製品の光沢は見た目に大きく関わる要素であるため、様々な業界でグロスメーターは使用されます。例えば自動車の内装の開発、品質評価に用いられるほか、建物の内装、清掃作業、フロアメンテナンス時にもグロスメーターは用いられます。

塗装、印刷業界では日常的に用いられる

色が品質に直接関わる塗装、印刷業界では研究開発、品質評価でグロスメーターを用いた光沢の評価は行われています。その他、ワックスがけ後の床の評価や研磨後の製品の光沢の評価にもグロスメーターは用いられます。

グロスメーターの特徴

見た目に大きく影響する光沢を評価するのがグロスメーター

グロスメーターは様々な角度からサンプルに光を照射したときの光沢を評価する装置です。光沢が高いとは光の正反射が多く、散乱が少ない状態で透明感がある見た目となります。一方で光沢が低いと光の正反射が少なく、散乱が多い状態なので表面はぼやけて見えます。色が同一でも光沢が異なると見た目の印象は変わるため、光沢はデザインで重要な項目の一つです。

グロスメーターは様々な種類あり、用途に応じた装置の選定を

グロスメーターは持ち運びができるサイズであるため、製品に直接装置を当てて光沢を測定します。現場で製品の様々な場所に押し当ててそれぞれの位置での光沢を測定します。角度を変えると光沢の値は変わるため、複数の入射角で光を照射できるグロスメーターも販売されています。また、自動車内装用の専用のグロスメーターも販売されており、これは自動車メーカーが標準器として使用しています。その他、大型のグロスメーターも販売されており、光が照射する場所が大きいため大型の試験片も測定することが可能です。

参考文献
https://www.sugatest.co.jp/productlist/plistcat/pcat3/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC/
https://www.tetsutani.co.jp/sokutei/microgloss.html
https://www.horiba.com/jp/process-environmental/products-jp/gloss-checker/

グロスメーターのメーカー情報

グロスメーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社堀場製作所
  2. 2 株式会社テツタニ
  3. 3 株式会社佐藤商事

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社メジャー
  2. 2 株式会社佐藤商事
  3. 3 株式会社レックス

歴史のある会社

  1. 1 スガ試験機株式会社
  2. 2 アイジーティ・テスティングシステムズ株式会社
  3. 3 株式会社テツタニ

グロスメーターのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す