株式会社ソーキ

【2021年版】深さ測定器 メーカー5社一覧

深さ測定器のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


深さ測定器とは

深さ測定器とは、深さを測る測長器の一種です。
デジタルインジケータに代表されるような長さ測定器では表面に当たる部分を基準に、測定端子がどのくらい戻ったかで長さを算出します。一方、深さ測定器では測定器のベース基準面をゼロ点とし、測定端子がどのくらい伸びたかで長さを算出します。
深さを英語読みして、デプスゲージまたはディップスゲージとも言われることもあります。
精度や用途によりアナログ式とデジタル式を選択します。

深さ測定器の使用用途

深さ測定器の使用用途は深さを測定することです。アナログ式のものは工程管理に使用されることが多く、デジタル式のものは品質管理に使用される傾向にあります。
工程管理を行うときは、測定端子をベース面から出した形で固定します。削り溝に測定端子を当てたとき、ベース面と表面の間に隙間があると、即座に削りが足りないとわかります。
品質管理を行うときは、ベース基準面を測定対象物の表面にあて校正の後、測定端子を溝や穴に当てることで深さを測定します。

深さ測定器の特徴

深さ測定器の特徴は、ノギス型、マイクロメーター型、デジタルインジケータ型に分類されているところにあります。この順番で精度が高くなります。ノギスにはデプスバーというパーツがあるため深さの測定ができますが、対象となる部分にまっすぐバーを当てることが難しいため精度が低く、読み取った値は参考値にしかなりません。ノギス型では、目盛りは本尺目盛りと副尺目盛りで読み取る同じスケールレンジですが、基準面がとれる形のためノギスで測定できない形の溝や穴を正確に測定することができます。
マイクロメーター式の深さ測定器は、マイクロメーターと同じ原理で、中央の回転軸の送り量で長さを算出する仕組みになっています。マイクロメーター式の深さ測定器は、測定端子と測定器具の目盛りが同一線上になるのでアッベの法則より高精度な測定が可能といえます。
デジタル式のものはデジタルインジケータと同様、光学式のモアレ干渉縞を用いたリニアスケールを使用しています。デジタルの利点を活かして平均値を求めることも可能です。また継足(つなぎあし)と呼ばれる補助具を取り付けることで測定範囲を変えることができます。

深さ測定器のメーカー情報

深さ測定器のメーカー5社一覧


深さ測定器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミツトヨ
  2. 2 株式会社ソーキ
  3. 3 株式会社佐藤商事

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社佐藤商事
  2. 2 株式会社ソーキ
  3. 3 株式会社ファム

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ミツトヨ
  2. 2 株式会社テクロック
  3. 3 株式会社ファム

関連記事

カテゴリから探す