【2021年版】オーガー充填機5選 / メーカー15社一覧

オーガー充填機のメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オーガー充填機とは

オーガー充填機は、スクリューを使用して粉状や小さい粒状(顆粒状)のものを送り出し、計量しながら充填する装置です。
オーガーとは「らせん状の器具」という意味で、らせん状のスクリューを使用していることからこの名で呼ばれます。
スクリュー式充填機という呼び方をされることもあります。

オーガー充填機は、充填物の生産における最終工程に組み込まれます。
対象物が粉状、顆粒状と流動性が低いため、スクリュー部分の回転により充填物を排出することで流動性を高めています。
そして同時に高速で規定量を計測することで、粉状の充填物の定量充填を可能にしています。

オーガー充填機の使用用途

オーガー充填機は、粉じんの舞い上がりが少ない粉状、顆粒状のものに用いられます。
粒の大きいものはスクリューで砕かれる可能性があるためあまり向いていません。

【導入事例の多い業界】
食品/医薬/農薬/石油化学/飼料/窯業

【具体的な充填物】

  • 小麦粉、片栗粉、米粉、大豆粉、きな粉といった粉類
  • 塩、コショウ、スパイス、七味、コンソメといった顆粒の調味料
  • ほたてパウダーなど粉末の食品
  • 粒状の入浴剤
  • 肥料、石灰
  • 添加物
  • フェイスパウダー等の化粧品
  • 重曹など

その他、トナー充填専用のものもあります。

オーガー充填機の原理

オーガー充填機は流動性の低い物質をスクリュー部分の回転を利用して排出することで流動性を高め、同時に規定量を計測することで粉状の充填物の定量充填を可能にしています。

スクリュー搬送時に粉に含まれている空気を脱気フィルターを通して抜くことで、粉塵抑制と密度アップを行う脱気充填ができるものもあります。

オーガー充填機の容量計測には主に2種類の方法があります。

  • スクリューの回転数で量るタイプ
    スクリューの各ピッチを単位容量とし、スクリューの回転数から充填容量を求めます。
  • 充填する内容物を計量器で量りながら充填するタイプ

また、用途に応じていろいろな機能をもたせた製品があります。

  • オーガーの取り外しがワンタッチでできるもの
  • 充填時の異物混入を防ぐため、単一材料で成型されているもの
  • 粉漏れや充填物の落下を防ぐため真空装置を組み合わせ脱気充填機構を搭載したもの
  • 搬送用コンベアを組み合わせたもの
  • フィーダと組み合わせることで内容物の自動補充が可能なもの

その他、容器の供給やキャッピング、チェッカー、ラベラーといった周辺機器と組み合わせたラインナップをもつメーカーもあります。

参考文献
https://www.tam-tokyo.co.jp/products/fill.html
https://www.yamato-scale.co.jp/products/detail/71
http://technica-c.com/
https://www.sanshinseiki.co.jp/machine/juten/ouga.php
https://www.jutenki.com/select/type/

オーガー充填機のメーカー情報

オーガー充填機のメーカー15社一覧


オーガー充填機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社イシダ
  2. 2 タイヘイ株式会社
  3. 3 大和製衡株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社M&E
  2. 2 株式会社テクニカ
  3. 3 壽環境機材株式会社

歴史のある会社

  1. 1 タイヘイ株式会社
  2. 2 株式会社イシダ
  3. 3 株式会社東京自働機械製作所

オーガー充填機5選

オーガ充填機

株式会社三信精機 オーガ充填機 画像出典: 株式会社三信精機公式サイト

特徴

オーガ充填機は、容器の形状に影響されることがないホルダーレス充填機で、粉供給フィーダーと組み合わせることで、高精度の充填を行うことができます。

ホッパー内の充填物の残量を確認しながら粉体を補充することができるので、充填の精度に優れていることや、縦スクリューの回転で充填物を排出することで、流動性が優れない充填物でも定量を充填することができる点が特徴です。

主な用途として、化粧品分野や、医薬品分野などの粉体充填に用いられています。

株式会社三信精機の会社概要

製品を見る

SUS製 高精度オーガ充填装置

株式会社フクチ産業

特徴

SUS製 高精度オーガ充填装置は、粉体に接触する部分が全てSUSでできているため、衛生管理が重視される分野での使用に適しています。

充填機本体は、分解と組み立てができる簡易的な構造をしているため、洗浄やメンテナンスを容易に行うことができます。

袋を昇降させて、袋底から充填するので、粉塵が発生することを防ぎ、シール不良をなくすことができるのが特徴です。

主な用途として、食品や医薬品の充填に用いられています。

株式会社フクチ産業の会社概要

製品を見る

卓上型オーガ充填機 WAD10

株式会社セイシン企業 卓上型オーガ充填機 WAD10 画像出典: 株式会社セイシン企業公式サイト

特徴

卓上型オーガ充填機 WAD10は、卓上に設置して使用できるほど小型な設計をしたオーガ充填機です。

シンプルな構造をしているので、分解と組み立てを容易に行うことができ、メンテナンスや清掃などを行いやすい点や、フットペダルによって充填操作を行えるので、容易に自動充填ができる点が特徴です。

さらに、オール塗装レスにより、食品や医薬品など、衛生管理が重要な分野の用途や、小型設計により、小分けの充填向けの用途に使用するのに適しています。

株式会社セイシン企業の会社概要

製品を見る

粉体用オーガ式計量充填機

株式会社イシダ 粉体用オーガ式計量充填機 画像出典: 株式会社イシダ公式サイト

特徴

粉体用オーガ式計量充填機は、主な用途として、粉体を計量し、充填する際に使用されています。

圧縮オーガ式供給機構により、粉体を容易で高精度に計量することができます。

圧縮計量充填方式によって、充填時の粉塵の発生や、シール部分の神込みを防ぐことができるのが特徴で、さらに高速制御方式と高感度ロードセル式センサーや、各部品に工具を必要としないワンタッチ式の着脱方法を採用しています。

また、圧縮スクリューは、速度切り替えが可能な2段制御方式をしています。

株式会社イシダの会社概要

製品を見る

オーガ充填機

大和製衡株式会社 オーガ充填機 画像出典: 大和製衡株式会社公式サイト

特徴

オーガ充填機は、微粉体や顆粒状の原料や製品などを計量し、容器などに充填するために、生産の最終工程である出荷包装ラインに組み込んで使用します。

無段階サーボ投入方式を採用したことにより、高速投入が可能で、高い精度で計測と投入を行うことができます。

オールステンレスで異物混入を防いでいる点や、自動芯振れ防止機能を採用したことで安全作業ができる点が特徴です。

主な用途として、食品や医薬業界、農薬、石油化学、飼料などの分野で使用されています。

大和製衡株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す