株式会社日本ピスコ
日星電気株式会社
中興化成工業株式会社
ニッタ株式会社
ニチアス株式会社
SMC株式会社

【2021年版】樹脂チューブ メーカー12社一覧

樹脂チューブのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


樹脂チューブとは

樹脂チューブはプラスチックから作られたチューブです。材質としてはポリオレフィン、ポリウレタンやフッ素系樹脂などが挙げられます。材質や厚みによってチューブの耐久性や耐薬品性、硬さなども異なるため用途に応じて適切なチューブを選定します。

樹脂チューブは医薬、化学、無機材料などの様々な製造現場で薬品の移送に使用されます。また電気絶縁性にも優れるため導線の被覆などにも使用されます。通常のチューブは帯電しやすいですが、製品によっては導電性を持たせた樹脂チューブも開発されています。

樹脂チューブは幅広い液体の移送や導線の被覆に用いられる

樹脂チューブは様々な用途に用いられます。メーカーの製造現場においては原料や有機溶媒、水などの薬品を移送するために用いられます。また研究分野ではエバポレーターなどに用いる循環恒温槽のラインにも用いられます。耐熱性に優れた樹脂もあり、そのような樹脂は蒸気の移送用のチューブとしても用いられます。

その他、樹脂は絶縁性であるため導線の保護、被覆に用いられたり配線の絶縁処理に用いられることもあります。一方で通常の樹脂チューブは帯電しやすいため半導体業界など静電気を嫌う分野では導電性物質を配合して帯電防止した樹脂チューブも用いられます。

樹脂チューブ使用時は材質の違いによる特性の差、添加剤の溶出、長期使用時の劣化に注意

樹脂チューブは材質によって特性が大きく異なります。ポリウレタンチューブは柔らかく、曲げやすいチューブです。有機溶媒の耐性は低いため水や空気などの移送に用いられます。ポリオレフィンチューブは硬くて耐水性に優れており、有機溶媒も種類によっては使用可能です。フッ素系樹脂のチューブはPFA、PTFE、FEPなど様々な種類がありますが、基本的には酸、塩基や有機溶媒など広く耐薬品性に優れています。また硬さは材質や型番によって異なります。

樹脂チューブは曲げやすさや加工性を高めるために可塑剤などの添加剤が加えられていることがあります。移送する薬品の種類によっては添加剤の溶出等が起こる可能性があるため、製造現場で樹脂チューブを使用する際は製品へのコンタミネーションが起こらないように事前に確認を行うことが望ましいです。また、樹脂チューブを長期間使用し続けると徐々に劣化して亀裂が発生することがあるため、定期的な点検、必要に応じた交換が重要です。

参考文献
https://www.nichias.co.jp/products/product/fluorine/tube/tube01.html
https://www.askul.co.jp/m/34-3405-3402002/?categoryM=3402002&categoryL=3405&categoryLl=34&deliveryEstimate=0&minPriceRange=&maxPriceRange=&sortDir=0&resultCount=50&resultType=0&variation=0&priceRangeInputFlg=0&exclusionFlg=0&spcialDelivPicExclusionFlg=0&categoryS=
https://jp.misumi-ec.com/vona2/result/?Keyword=%E6%A8%B9%E8%84%82%20%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96&isReSearch=1&relatedKeyword=1

樹脂チューブのメーカー情報

樹脂チューブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 SMC株式会社
  2. 2 ニチアス株式会社
  3. 3 ニッタ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社パッキンランド
  2. 2 株式会社エスケー
  3. 3 株式会社日本ピスコ

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 ニチアス株式会社
  3. 3 SMC株式会社

樹脂チューブのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す