株式会社クラベ
日星電気株式会社
信越化学工業株式会社

【2021年版】シリコンチューブ メーカー15社一覧

シリコンチューブのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコンチューブとは

シリコンチューブはシリコンゴムを主成分とするチューブ状に加工された製品です。様々な長さ、口径のものが市販されており、目的や用途に合わせて、柔軟に使用することができます。

シリコンとはケイ素のことで、シリコンゴムは有機ケイ素化合物の重合体が主成分です。結合エネルギーの大きなシロキサン結合(-Si-O-Si-)を主骨格としているので、結合が切れにくく、耐熱性や耐薬品性、電気絶縁性などに優れた性質を示します。これらの性質を利用して、薬品の移送や保護カバーなどに使用されます。

シリコンチューブの使用用途

シリコンチューブは耐薬品性に優れており、ガラスやプラスチックでは腐食してしまうような薬品、燃料などの移送に使用されます。また、様々な化学薬品を使用する必要のある研究開発や品質管理、分析、検査の分野では頻繁に使用されているチューブです。

シリコンチューブには耐熱性もあるので、温水器、浴槽用のホースに使用されています。また、電気絶縁性を有しているので、家電や電線などの絶縁や保護カバー用途として使用されています。

シリコンチューブの原理

シリコンチューブはシリコンゴムを主成分とした材料をチューブ状に加工した製品です。シリコンとはケイ素の英語名(英語: Silicon)で、ケイ素は原子番号14、元素記号Siの金属元素で、地殻中に多く含まれる元素の1つです。シリコンゴムは有機ケイ素化合物であるジメチルポリシロキサンの高重合体を原料として製造されます。シロキサン結合(-Si-O-Si-)を主骨格とし、側鎖にメチル基などの置換基が結合した構造をしています。このシロキサン結合は他の結合と比較して強い結合エネルギーを有しており、それが耐熱性などの物性として現れています。

シリコンチューブは耐熱性、耐薬品性、耐油性、耐水性、電気絶縁性、耐候性などに優れています。他の物質と化学反応しにくいので、薬品の送液チューブや分析装置用チューブとして使用されます。また、無味無臭で安全なため、食品移送用チューブとしても使うことができます。熱にも強いので、高温になる箇所のパッキンや保護カバー用にも使えますが、高温になりすぎると劣化し、破断してしまうので、耐熱温度を考慮して使用する必要があります。

参考文献
https://www.esco-net.com/wcs/escort/ItemFile/EA4/EA425/EA425K-10B/EA425K-10B_SPC_DOC_PDF_OUT(01).pdf
https://www.silicone.jp/catalog/pdf/rubber_j.pdf
https://kinokikou.jp/info/knowledge/silicone/

シリコンチューブのメーカー情報

シリコンチューブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 信越化学工業株式会社
  2. 2 株式会社クラベ
  3. 3 株式会社十川ゴム

設立年の新しい会社

  1. 1 スキルド機電株式会社
  2. 2 イソワテック株式会社
  3. 3 共和工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 永柳工業株式会社
  2. 2 大洋電機株式会社
  3. 3 株式会社十川ゴム

シリコンチューブのメーカー15社一覧


関連記事

カテゴリから探す