株式会社日本ピスコ

【2021年版】真空用ホース メーカー9社一覧

真空用ホースのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空用ホースとは

真空システムである真空ポンプと容器等との接続には、真空専用の真空ホースを使用します。

通常のホースと異なり、柔軟性に富み、外圧によるホースの崩れがありません。

一般的に真空ホースはゴムとなりますが、シリコン系やポリオレフィン系や、サーモプラスチックエラストマー(TPE)等があります。

これらの材質は、ゴムにくらべて耐久性が向上されており、交換コストを抑えることが可能で幅広いアプリケーションで使用が可能です。 

真空用ホースの使用用途

真空システムでは、必須の部材となります。

特に真空ポンプと容器の接続に使われる場合が多く、容器内から気体を排出し、真空を得るためのホースとして真空ホースが使われます。

真空ポンプが使われる産業として、吸着搬送、NCルータ加工機、気密試験、電子部品の吸着、製袋・製箱・段ボール加工、真空成型機、真空ミキサー・脱気(食品関係)などの装置の一部として多く使われています。

最近では、ロボット産業にも真空ポンプが使われますので、そこには、必ず真空ホースが必要になります。 

真空用ホースの原理

通常のホースと異なり、内部が真空になるため、柔軟性に富み、外圧によるホースの変形がない材質が必要になります。

一般的には、天然ゴム製が多く、真空ポンプと容器等との接続に使用されます。

天然ゴムは、通常のホースと異なり、柔軟性に富み、外圧によるホースの崩れがないのが特徴です。

欠点として、口径の大きいゴムホースはかなり重く、曲がり難くなりますので、無理に曲げると、流路が狭くなったり潰れたりしますので、注意が必要です。

また、ゴムは石油などに侵されやすく、大気中で劣化することもあります。

真空ゴムホースは、これらの欠点を承知した上で使用すべきで、その柔軟性や絶縁性等をうまく活かすことが重要です。

特殊エラストマー製の真空ホースは、柔軟性に優れ、高真空に使用できる機能性を兼ねそなえたホースです。

天然ゴムに比べ、 耐オゾン性・耐侯性などが特に優れています。

また、粉を使用していない製品も多いので、清浄な場所(食品関係)での使用にも適しています。

参考文献
https://www.monotaro.com/g/00249852/
http://www.schmalz.co.jp/products/vacuum-components/filter-connection/vacuum-hose.html
https://www.tgk.co.jp/products/detail.php?product_id=2708

真空用ホースのメーカー情報

真空用ホースのメーカー9社一覧


真空用ホースのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社十川ゴム
  2. 2 株式会社日本ピスコ
  3. 3 柴田科学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 GATES JAPAN KK
  2. 2 株式会社日本ピスコ
  3. 3 南国フレキ工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 柴田科学株式会社
  2. 2 株式会社十川ゴム
  3. 3 株式会社飯田ゴム商店

関連記事

カテゴリから探す