株式会社ブリヂストン
ニッタ株式会社

【2021年版】配管ホース メーカー12社一覧

配管ホースのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


配管ホースとは

配管ホース

配管ホースとは、工場排水や油などを送る工場の設備や、水道やエアコンのダクトといった機械などをつなぐ配管に用いられるホースのことで、様々な用途に使用されています。

ホースは補強材が使われており、合成樹脂を用いて補強したものとワイヤーで補強したものがあります。

補強材の種類によって、ホース自体の重さや口径、また材質による強度や耐性が変わるため、配管のスペースや、流体の種類などを考慮して、使用用途に合わせて使い分けることが出来ます。

配管ホースの使用用途

ここで、配管ホースの使用用途について説明します。

配管ホースは、工場の設備や、機械などの様々な配管に用いられています。

配管ホースは、機器や設備同士をつなぎ、流体を送り込むことや、吸引することを目的として使用されています。

ホースに通す流体の種類によってホースの材質や仕様を変えることで、長持ちさせたり、使用効果を高めることに繋がります。

流体の種類は様々で、工業用水や排水などの水や、薬品、油や空気などがあります。

繰り返しの折り曲げが必要な場合や、配管スペースがコンパクトで省スペース化したい場合などには、合成樹脂素材の方が適しており、圧力が強い場所の配管などにはワイヤー補強のホースが適しています。

配管ホースの原理

続いて、配管ホースの原理について説明します。

ホースとは、補強材を有しており、合成樹脂の繊維や、ワイヤーの鋼線などが用いられており、多くの場合この補強材の有無によってホースはチューブと区別されています。

合成樹脂でできているホースは、ワイヤーで補強されているホースよりも軽量で外径もスリムになり、配管スペースが狭い場所でも利用できる点や、繰り返しの折り曲げや摩耗に対しても耐性がある点がメリットとして挙げられます。

ワイヤー補強のホースは、金属のワイヤーがスプリング状になって補強されているので、折り曲げなどには不向きですが、耐圧に強いというメリットがあります。

参考文献
https://www.haikanbuhin.com/blog/post-205/
https://www.nitta.co.jp/product/moore/
https://www.haikanbuhin.com/blog/post-209/
https://www.haikanbuhin.com/blog/post-34/

配管ホースのメーカー情報

配管ホースのメーカー12社一覧


配管ホースのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ブリヂストン
  2. 2 ニッタ株式会社
  3. 3 株式会社大倉

設立年の新しい会社

  1. 1 プロフレックス株式会社
  2. 2 株式会社トヨックス
  3. 3 株式会社大倉

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 株式会社トキワ
  3. 3 株式会社ブリヂストン

関連記事

カテゴリから探す