篠原電機株式会社
株式会社日本ピスコ
北川工業株式会社
ヘラマンタイトン株式会社
ニッタ株式会社

【2021年版】コイルチューブ メーカー14社一覧

コイルチューブのメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コイルチューブとは

コイルチューブとは、ケーブル配線や配管などに対して、コイル状になったチューブを、配線のばらつきを一つにまとめるためや配線や配管が表面に直接触れることでキズなどが付かないようにするための保護に使用します。また類似の製品で、別名スパイラルチューブと呼ばれるものもあり、使われ方はコイルチューブと同じ使われ方です。どちらも螺旋状になったチューブを巻き付けて、配線などがバラバラにならない様にまとめたり、配線や配管の保護のために使用しています。

コイルチューブの使用用途

コイルチューブの用途として最もよく使われているのが、情報機器周辺や制御機器の配電ボックス内やその周辺の電気配線の処理に使用されています。また、工場のラインで多用されているエアードライバーなどの空圧を利用した工具の配線にも使用されています。それらは全て、コイルチューブが、そのコイル状の形状とポリウレタンなどによる樹脂で出来ていることから、柔軟性があり収縮性に優れている上に軽量で耐久性能もあるので、あらゆる環境下におけるケーブル配線や配管等の処理や保護用として汎用されています。

コイルチューブの原理

コイルチューブは、ポリウレタンなどによる樹脂ワイヤーをコイル状にしたチューブで、主に電気ワイヤーが複数あり、ワイヤーが絡み合ことを防止するためやワイヤーの種類を識別するために、ワイヤー毎に束ねる配線処理用として使用されています。又、各種配管を保護する目的としても使用されています。その他にも、同じ様な製品で、同じ様な使われ方をしているものとしては、スパイラルチューブがあります。これもコイルチューブと同じく、複数ある電線の束に巻き付けて、電線バラつきを防止したり、電線の保護として広く使用されています。コイルチューブとスパイラルチューブの違いは、コイルチューブが樹脂ワイヤーをコイル状に巻き付けているのに対して、スパイラルチューブは平板形状になったポリウレタンなどで出来た樹脂を螺旋状に巻き付けていると言うチューブに使用するワイヤー形状が異なりますが、電線や配管などに巻き付けることによって、そのバラつきや直接接触による傷などを保護すると言う最終的な使用方法は同一で、どのチューブも、その軽量ながら伸縮性や耐久性に優れており、使い勝手が良さが共通の利点です。

参考文献
https://www.nitta.co.jp/product/moore/tool_and_accessories/S/
https://www.smcworld.com/products/ja/get.do?type=GUIDE&id=TCU

コイルチューブのメーカー情報

コイルチューブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 株式会社日本ピスコ

設立年の新しい会社

  1. 1 エスジー工業株式会社
  2. 2 株式会社日本ピスコ
  3. 3 太洋通信工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 ヘラマンタイトン株式会社
  3. 3 株式会社日伝

コイルチューブのメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す