日本無機株式会社
ヤマト科学株式会社

【2021年版】オイルセパレータ メーカー10社一覧

オイルセパレータのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オイルセパレータとは

オイルセパレーターとは、潤滑油(エンジンオイルなど)に混入した気体(空気やガス)を分離するための装置です。

イメージしやすいのは内燃機関(エンジン)です。エンジンで発生したブローバイガスはエンジン上部の上方空間(ヘッドカバー近辺)より排出し、吸気側へ還流しているのが一般的です。しかし、オイルセパレーターを使用する事でブローバイガスからオイルのみ抽出し、エンジン内部に戻すことができる装置がオイルセパレーターです。

エンジンオイル中に空気やブローバイガスが混入すると潤滑油としての機能が十分に果たせなくなります。また、オイルクーラーでの放熱効率も悪くなります。

潤滑油(オイル)を用いる機械全般に言える事です。

オイルセパレータの使用用途

オイルセパレーターは、内燃機関や冷凍回路などオイルを分離させる際に使用します。どちらも、高速で回転するクランク部品でオイルと気体が掻き回わされ、オイルに気体が混入しやすい環境下にあります。

オイルセパレーターを用いる事で、オイルの減りの抑制、潤滑特性の維持、放熱特性を維持することでオーバーヒート等を防ぐこともできます。

冷凍設備では高圧力下での使用になるので、オイルが冷却器に侵入する恐れがありますが、冷媒中からオイルを取り除くことで、冷却器の故障を防ぐ役割も果たします。

このように、機械・機器、及び環境を守るために使用されるのがオイルセパレーターです。

オイルセパレータの原理

オイルセパレーターはその使用環境により、簡素な構造のものから内部が蛇行形状の複雑なものまでありますが、オイルと気体を分離させるオイルセパレーターは慣性式分離器として構成することができます。

これは、オイルを壁面に分離させる方法で、直径が20μmを超える液滴(オイル)の分離に適します。

遠心分離機では、気体は湾曲した通路に沿って流れ、オイルは遠心力によって通路の外側に集中する事で壁面に分離させ抽出することができます。遠心分離機内側からはオイル混在量が減少した気体を取り出すことができます。

簡素な構造のものでは、衝突板を用いたものがあります。衝突板式の場合、液滴(オイル)が混在する気体は衝突板に当たります。気体は衝突板に当たり流れ方向を変えますが、オイルは質量慣性により流れ方向を維持します。その結果、衝突板にオイルを分離させることができます。

気体とオイルの分離はその質量の違いを利用して分離させることが一般的です。

水とオイルを分離させるオイルセパレーター(工場排水設備など)でも、水と油の質量の違いを利用しています。

参考文献
https://patents.google.com/patent/JP2007283290A/ja
https://astamuse.com/ja/keyword/10087709
http://www.sunnyltd.co.jp/library/54e44d0d0f615d0f20001136/5cdcdddb297c40342de9d6ab.pdf

オイルセパレータのメーカー情報

オイルセパレータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 日本無機株式会社
  3. 3 株式会社コンヒラ

設立年の新しい会社

  1. 1 WalkerFitrationLtd
  2. 2 株式会社コンヒラ
  3. 3 エム・エー・ジェー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 日本無機株式会社
  3. 3 サニー・トレーディング株式会社

オイルセパレータのメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す