西川計測株式会社
株式会社日立ハイテクサイエンス
株式会社島津製作所
ヤマト科学株式会社

【2021年版】HPLC メーカー18社一覧

HPLCのメーカー18社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


HPLCとは

HPLC

High Performance Liquid CHromatographyの略で、分離解析手法の一種です。

物質に含まれる成分をそれぞれの性質によって分離し定性、定量分析を行います。

また、成分の分離ができることから、分析のための用途以外にも天然物成分や化学合成品などの分離精製にも用いられています。

分離の主原理はクロマトグラフィーと同様で、液体の移動相をポンプなどで加圧してカラムを通過させることが特徴です。

物質の物理的特性(サイズ、形状)や化学的特性(吸着、イオン交換)によって固定相との相互作用の差によってカラム内で物質の分布が決まります。

HPLCの使用用途

HPLCは、1960年代終わりに誕生した比較的新しい手法と言えます。

HPLCは、装置本体、送液ポンプなどのハード面やカラム技術の進歩に加えて、その応用の広さが支えとなって発展しました。

主に使用される分野として、医薬品、食品、生化学分野を中心に発展してきました。例えば、医薬品分野では不純物や有効成分の分析に、食品分野においては、栄養成分、機能性成分、食品添加物、残留農薬などの分析に、生化学分野では、タンパク質や核酸関連物質の分析に用いられています。

HPLCの原理

HPLCは、クロマトグラフィーを主な原理として用います。

クロマトグラフィーとは、分析対象の物質を移動相に乗せて固定相を通過させることで物質を分離させることです。

移動相と固定相の相互作用(吸着、分配、イオン交換、サイズ排除など)によって、物質を構成する成分の性質の違いから、移動相の中を一定の比率で移動・分布することで分離されます。

HPLCでは、移動相に液体(溶離液)を用いて、送液ポンプによって一定の流量を固定相が詰まったカラムに送ります。

分離された成分は装置の検出器によって信号が検出され、X軸を時間、Y軸を信号強度として出力されクロマトグラムが得られます。

既知の成分(標準試料)の溶出時間を未知試料の溶出時間と比較することで、成分の同定ができます。

移動相には、水やその他様々な塩類を添加した水溶液や純正の有機溶媒もしくは混合して用います。

カラムには、マイクロサイズのシリカゲルや合成樹脂を、使用用途や分析の目的に合わせて用います。

参考文献
https://www.jasco.co.jp/jpn/technique/internet-seminar/hplc/hplc1.html
https://www.jaima.or.jp/jp/analytical/basic/chromatograph/lc

HPLCのメーカー情報

HPLCのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 メルクKGaA
  2. 2 アジレント・テクノロジー株式会社
  3. 3 株式会社島津製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ケムコプラス
  2. 2 株式会社日立ハイテクサイエンス
  3. 3 アジレント・テクノロジー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 メルクKGaA
  2. 2 株式会社島津製作所
  3. 3 ヤマト科学株式会社

HPLCのメーカー18社一覧


関連記事

カテゴリから探す