ヤマト科学株式会社
Alfa Laval

【2021年版】遠心分離機 メーカー17社一覧

遠心分離機のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


遠心分離機とは

遠心分離機とは、遠心力を加えることによって液体中に混合している、比重の異なるの液体成分や固体成分を分離させる機械のことを指します。

研究室レベルで混合液体を分離させる道具として、その他にも分液漏斗などがありますが、こちらは試料が多い際にも大きいサイズの漏斗で対応可能である、脱気が可能なため揮発性の有機溶媒などを分離させるのに使用出来るなどの特徴がありますが、強い力をかけて分離する必要があったり、複数の試料を操作する際は、遠心分離機の方が適しています。

遠心分離機の使用用途

遠心分離機は、大学や企業の研究室レベルからメーカーの製造現場まで、スケール毎に応じたサイズのものが使用されます。

研究室レベルでは、例えば細胞を扱う生化学系の研究室などで、液体中に混合した細胞を回収する操作の際に使用されます。 医薬品メーカーでも、品質管理室などで医薬品成分の分析を行う際に、比重の異なる混合液体を分離させる操作などに用いられます。 いずれもラボ用のものが用いられ、一度に複数の100ml程度の試料を分離させることが出来ます。

一方、製造現場での使用例として、食品メーカーで飲料の生産等にも用いられます。こちらは、デカンタ型といって、大量の試料をまとめて分離させることが出来ます。

遠心分離機の原理

通常、混合液体を分離しようとすると、自然の重力に従わなくてはなりません。物質の比重差を利用しますが、重力に従うと、物質によってはかなりの時間がかかります。 そこで遠心力を加えることによって、重力に従うよりもかなり速いスピードで物質を分離することが可能になります。遠心分離機はその原理を利用した装置です。

自然重力の場合、物質には1Gしか作用しませんが、遠心分離機を使用すると1000〜3000G程度の力を働かせることが出来ます。これを遠心力と呼び、回転軸から分離したい物質の距離と、回転速度によって遠心力の大きさは変わります。

ラボ用の遠心分離機は主に、液体サンプルを入れておくチューブの「ロータ」、回転軸の「ドライブシャフト」、ドライブシャフトと繋がっている「モータ」から構成されています。また生体サンプルを扱うことも考慮して、ロータと空気との摩擦による発熱を冷却する仕組みが付いています。

ラボ用よりスケールが大きい工業用の遠心分離機であるデカンタ型は、ボウルを高速回転させることで分離を行う仕組みになっており、混合液体はフィードパイプから入り、スクリューで運ばれる間に脱水されて、固形物と液体がそれぞれケーシングによって集められ、機外に排出される仕組みになっています。

参考文献

http://hiroshimamm-chemtech.com/hiroshimawp/wp-content/uploads/2018/04/%E9%81%A0%E5%BF%83%E5%88%86%E9%9B%A2%E6%A9%9F.pdf
https://www.tomo-e.co.jp/machinery/centrifuge/separation.html
https://www.beckman.jp/resources/fundamentals/principles-of-centrifugation
https://www.beckman.jp/resources/fundamentals/principles-of-centrifugation/dr-beckman/v32

遠心分離機のメーカー情報

遠心分離機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 月島機械株式会社
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 巴工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アメロイド
  2. 2 株式会社トミー精工
  3. 3 株式会社モトヤマ

歴史のある会社

  1. 1 Alfa Laval
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 タナベウィルテック株式会社

遠心分離機のメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す