イリソ電子工業株式会社
矢崎総業株式会社
株式会社七星科学研究所
日本航空電子工業株式会社
日本圧着端子製造株式会社
KINSUN Industries Inc.

【2021年版】メスコネクタ メーカー8社一覧

メスコネクタのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


メスコネクタとは

メスコネクタとはケーブルコネクタの「挿される側」のこと。コネクタの形状を変換する変換ケーブルや延長ケーブルで採用されることが多い。メスコネクタに対し「挿す側」のコネクタをオスコネクタといい、充電ケーブルや映像出力ケーブルなどでは両端がオスコネクタの場合が多い。

メスコネクタは端子に不用意に触れることがない形状のため、感電や短絡事故を防ぐためにも一般的には電源、あるいは出力側がメスコネクタになる。一般的に使用されるUSBはケーブル側がオスコネクタ、受け側のPCのソケット部分がメスコネクタにあたる。

メスコネクタの使用用途

感電や短絡事故を防ぐため電源の出力側や給電側でケーブルを接続する端子。端子はカバーに覆われており、オスコネクタの凸部や芯線が中に入るよう凹構造になっている。ソケットインサートとも。

メスコネクターが使われる例には以下のようなものがあげられる。

  • コネクタの形状変更(アダプター)
    USBをRS232CやIEEE規格のインターフェースに変更する、HDMI端子をmini HDMI端子に変更するアダプターの延長側
  • 給電ソケット
    コンセント、PC本体のUSBポートなど

メスコネクタの原理

コネクタとは電力や電気信号の流れをつなぐための電子部品で機器や回路の接続や乖離を容易にするためのインターフェース。

オスコネクタ(プラグ)は凸型でピンコンタクト(導電部材)が外部に露出している。この露出部分をメスコネクタの凹部分に差し込んで接続する。

メスコネクタ(レセプタル)はピンコンタクトを受け止めるためバネ特性を持たせたソケットコンタクトが内部に配置されており、オス側のピンコンタクトと接触することで電気や信号を流す。コンタクトは導電性の高い銅合金でできている。メス側はコンタクトが外部に露出していないため、感電や短絡を防ぐ目k敵からも一般に電源側に使用することが推奨される。そのためPC側のコネクタはUSBやLANポート、HDMIポートなど各種あるポートはすべてメスコネクタとなる。

メスコネクタはコネクタ形状を変換する際にも使用され、その中でもオスメスを変換するアダプターはジェンダーチェンジャーとも呼ばれる。

参考文献
https://www.jae.com/about-connectors/
https://www.jae.com/column/02-connector-structure/

メスコネクタのメーカー情報

メスコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 矢崎総業株式会社
  2. 2 日本航空電子工業株式会社
  3. 3 日本圧着端子製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 KINSUN Industries Inc.
  2. 2 株式会社PALTEK
  3. 3 イリソ電子工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 矢崎総業株式会社
  2. 2 株式会社七星科学研究所
  3. 3 日本航空電子工業株式会社

メスコネクタのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す