サンワサプライ株式会社

【2021年版】バーラック メーカー7社一覧

バーラックのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バーラックとは

バーラックは、支柱と腕木(バー、アーム)からなるラックです。カンチラックとも言います。

前面側に支柱がないため、長さ3m以上の長尺物や重量物の収納に適しており、支柱と支持するバーを水平方向に追加して耐荷重を増やすこともできます。

バーは支柱に一点で取り付けられており、棚の有効高さの変更も容易です。パレットラックと比べて無駄な隙間ができず、いろいろなサイズの荷物を効率よく保管できます。

出し入れの際に棚板とこすれて傷が発生することも、軽減できます。 

バーラックの使用用途

バーラックは、主に、木材、鋼材、パイプなど、パレット化できない棒状や板状の長尺物や重量物を保管するために使用されます。

丸棒、サイディング、鉄パイプ、アルミ角パイプ、建築資材(合板)、各種波板、樹脂フィルム、工作物などの保管に適しています。

長尺物や重量物を扱う工場や倉庫での製品の保管や、販売店での商品の陳列・保管に使用できます。

保管スペースの削減や、段組み作業時間の短縮など作業効率のアップにつながります。 

バーラックの特徴

バーラックは支柱とバー(腕木)からなり、棚板がないラックです。

前面側に支柱がなく、長さ3m以上の長尺物や重量物の収納に適しています。出し入れをスムーズかつスピーディーに行うことができるので、保管作業の効率がアップします。

支柱とバーを水平方向に追加して耐荷重を増やすことができ、収納物に合わせてサイズを容易に変更できます。バーは支柱に一点で取り付けられており、棚の有効高さも容易に変更でき、無駄な隙間を作らず、効率よく荷物を収納できます。

棚板がなく、収納物を「線」で保管するため、荷物の出し入れの際に棚板とこすれて傷が発生することを軽減できます。

前面・両端に支柱がないので、パレットラックでは柔軟に対応できないような場合にも対応でき、収納する荷物の大きさが頻繁に変わる場合や、横幅や奥行きが異なる荷物を横に並べておきたい場合などにも活用できます。また、所定外の荷物を置きたい場合にも、隙間なく収納することが可能です。 

参考文献
https://kitajimasteel.com/html/page9.html
https://www.ipros.jp/cg2/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/
https://www.ipros.jp/company/detail/392272/category/27474/
http://fuso-metal.jp/item_detail.html?sid=6
https://www.ipros.jp/product/detail/2000084030 

バーラックのメーカー情報

バーラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三進金属興業株式会社
  2. 2 サンワサプライ株式会社
  3. 3 浅香工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社太陽設備
  2. 2 タスクイクイップメント株式会社
  3. 3 三進金属興業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ゴーリキ
  2. 2 浅香工業株式会社
  3. 3 サンワサプライ株式会社

バーラックのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す