【2021年版】フレコンバッグ メーカー15社一覧

フレコンバッグのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フレコンバッグとは

フレコンバッグの正式名称はフレキシブルコンテナバッグ、略してフレコンなどとも呼ばれます。また単純にコンテナバッグ、トン袋、クロスコンテナバッグ、トランスバックとも呼ばれます。

主に粉体や粒体をひとまとめにかつ大量に運ぶことができる容器になります。袋状の梱包資材となっており、柔らかく丈夫で、カバンの様に持ち手が付いており非常に持ちやすくなっています。また、ボトムには排出口が付いており、持ち手を吊り上げて下から抜き出せる構造になっています。 

フレコンバッグの使用用途

フレコンバッグは非常に簡易な構造をしていることから幅広い業界で用いられています。主には粉体・粒体を入れています。

用途としては、粒状プラスチック、大豆、薬品、お米、小麦粉などを入れる容器として用います。また、中に土を入れることで土嚢としても用いられます。その際には対候性の大型のフレコンバッグを用います。

一般的には丸型を用いますが、積んだ時に安定させるのに角型を用いることもあります。また、こぼれを防止するためには内袋付きのものも利用します。 

フレコンバッグの原理

材質はポリプロピレンやポリエチレンなどの合成繊維を用いて編み込んで作られます。対候性の化学繊維を用いていることから丈夫で軽量な特徴をもっています。また、使用しない時には折りたたむことができるため場所を取らない利点があります。耐荷重は1トン程度にもなります。また材質がポリプロピレンやポリエチレンなので燃やしても有害物質が出ません。

デメリットは材質の関係から熱に弱いことが挙げられます。また同様の理由で紫外線劣化しやすいことも挙げられます。フレコンバッグにはUV剤というものを少しだけ混ぜて劣化を防ぐようにしています。またそれでも劣化を防ぎたい場合はUVカットカバーを上から被せなければなりません。

使い方としては、フォークリフトや吊りベルトを用いて持ち上げ、抜き出し口の紐をほどき、ボトムから排出します。またフレコンバッグの上部から吸引して抜き出す機器も多くの会社が販売しています。そのような製品は主に真空吸引によるものが多いです。

参考文献
https://www.koizumiseima.co.jp/column/2012/10/blog-post_11-19/
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/flexiblecontainers/
https://www.softbag.jp/info/useful/fibc-material-features.html 

フレコンバッグのメーカー情報

フレコンバッグのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 メディアインターナショナル株式会社
  2. 2 協立化学産業株式会社
  3. 3 日本ドアーチエック製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社K,sインターナショナル
  2. 2 株式会社平成
  3. 3 メディアインターナショナル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 堀富商工株式会社
  2. 2 日本ドアーチエック製造株式会社
  3. 3 株式会社トキワ

フレコンバッグのメーカー15社一覧


関連記事

カテゴリから探す