【2021年版】医療廃棄物容器 メーカー11社一覧

医療廃棄物容器のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


医療廃棄物容器とは

医療廃棄物容器は、主に病院などで医療行為に使われた物品由来の廃棄物を保管・運搬する際の容器です。これらは血液や体液などが付着している場合があり、感染の恐れがある病原体やウィルスが含まれている恐れがあるため、一般の産業廃棄物とは区別され、特定の容器に収容しておく必要があります。

このような医療施設などで発生した廃棄物を感染性廃棄物と呼び、廃棄には認可を受けた事業者によって回収され、処理される必要があります。こうした業者による回収は随時行われるわけではなく、一般的には月に一度という低い頻度のため、回収日まで医療廃棄物を安全に保管しておくためのものでもあります。

医療廃棄物容器の使用用途

主に病院などで発生する感染性廃棄物の保管・運搬を目的に使用されています。

また大学や研究所で排出される実験系廃棄物の一部も医療廃棄物として扱われることがあります。特定の実験ではシリンジやニトリルグローブ(俗に言うゴム手袋)を使用することがあり、これらを知らない人が見ると医療行為に使用された危険なものであると誤解される恐れがあります。

こうした誤解を防ぐために、一部の大学や研究所では疑似感染性廃棄物として医療廃棄物容器に収容し、医療廃棄物として処理するように配慮しています。

医療廃棄物容器の原理

医療廃棄物容器は、収納する物によって様々なタイプがあり、主にプラスチック製のものとダンボール製のものがあります。

プラスチック製のものは血液等の付着の度合いが高く、匂いの蔓延や空気感染の恐れがあるものを収納するために密閉用の蓋がついています。このとき、また、注射針などの鋭利なものが容器を突き破らないようにある程度の強度を担保されています。

ダンボール製のものは血液等の付着が少なく、感染の恐れが比較的低いものを収納します。内容物の漏出を防ぐためにビニール袋と併用して、内容器としてビニール袋、外容器としてダンボールを使用しています。

医療廃棄物容器には、感染性の廃棄物が収納されていることがひと目で分かるように色分けされたバイオハザードマークが記されています。赤色は血液体液などの液体物、黄色は注射針、メス、ガラス片など鋭利物、オレンジはその他の固形物を表しています。そのため、プラスチック製の医療廃棄物容器には赤色か、黄色のバイオハザードマークが、ダンボール製のものにはオレンジ色の表示がされています。

参考文献
https://www.bdj.co.jp/safety/articles/ignazzo/hkdqj200000vgpa6.html
https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwix367msIzuAhVO7GEKHWZ1DaAQFjAPegQIFRAC&url=http%3A%2F%2Fwww.kankyokansen.org%2Fcommon%2Ffckeditor%2Feditor%2Ffilemanager%2Fconnectors%2Fphp%2Ftransfer.php%3Ffile%3D%2Fpublication%2Fedu_pdf%2Fuid000001_31342E706466&usg=AOvVaw0znz5O6_BETIIa-56SYE61

医療廃棄物容器のメーカー情報

医療廃棄物容器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三甲株式会社
  2. 2 株式会社フジテックス
  3. 3 株式会社HI-TO

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスエスシー
  2. 2 株式会社関西通商
  3. 3 株式会社HI-TO

歴史のある会社

  1. 1 三甲株式会社
  2. 2 アポロ興産株式会社
  3. 3 株式会社フジテックス

医療廃棄物容器のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す