【2021年版】ファイバードラム メーカー4社一覧

ファイバードラムのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ファイバードラムとは

ファイバードラムは紙製のドラム

ファイバードラムとは紙で作られたドラムです。金属や合成樹脂のドラムに比べて軽いですが強度は十分あるため、ドラムを積み重ねることも可能です。また紙から作られているため焼却やリサイクルが容易です。サイズも様々であり、ファイバードラムは1リットルから120リットル程度まで幅広い大きさのものが販売されており、製造現場でも日常的に使われています。

ファイバードラムは粉体に用いられるドラム

プラスチックや医薬品などの粉体を充填するときに用いられることが多く、通常はポリエチレン製の内袋とセットで利用されます。

ファイバードラムの使用用途

ファイバードラムは安価で様々なサイズのものが販売されているため製造現場では日常的に利用されています。一般的には粉体を充填するときに用いられることが多いです。材質が紙であることから容器が軽く、プラスチックのようにロット数が多いものを運ぶ際に便利です。

コンタミネーションを防ぐ専用のファイバードラムも利用される

また医薬品や化粧品などを充填する際はコンタミネーションを防ぐために専用のファイバードラムを使用します。一方で有機溶媒などの液体は漏えいする恐れがあること、セットで用いられるポリエチレンの袋が劣化することからファイバードラムには適していません。

ファイバードラムの特徴

ファイバードラムは紙を積層して強度を保っている

ファイバードラムはダンボールなどに使われるクラフト紙やライナー紙を積層させて作られています。材質は紙ですが積層させているためファイバードラムは一定の強度を持っています。蓋は金属製のものと紙製のものがあり、一般的には密閉性を高めるために金属製の蓋とバンドが使われることが多いです。型番によっては危険物の輸送に必要な基準を満たしているものもあり、海外への危険物の輸出にも使用することが可能です。

ファイバードラムは軽くて安いが重量物や水を多く含む製品の運搬には不適

ファイバードラムは紙でできているため金属製ドラムよりも運搬時の負荷が少なく、廃棄も容易です。コスト面でも金属製ドラムよりも安いため、大量に出荷する製品にも使われることが多いです。一方で金属製ドラムよりは耐久性が低いため、重量や密度が大きい製品の運搬には適しません。また材質が紙であるため、水分を多く含む製品や酸化性物質の運搬にも適していません。このような製品を充填する際は耐水処理等の特殊な処理を行ったファイバードラムを選定する必要があります。メーカーによっては充填する製品に合わせてファイバードラムの表面を加工することも可能なので、事前にドラムメーカーに相談することが望ましいです。

参考文献
http://www.taiyosealpack.co.jp/support/faq/
http://toyoyoki.co.jp/wahtsFiberDrum.html
https://okamoto-youki.co.jp/data/71/product_detail

ファイバードラムのメーカー情報

ファイバードラムのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社福井洋樽製作所
  2. 2 光文工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日本ソリュース
  2. 2 太陽シールパック株式会社
  3. 3 株式会社福井洋樽製作所

歴史のある会社

  1. 1 光文工業株式会社
  2. 2 株式会社福井洋樽製作所
  3. 3 太陽シールパック株式会社

ファイバードラムのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す