【2021年版】サイクルラック メーカー18社一覧

サイクルラックのメーカー18社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サイクルラックとは

サイクルラックとは、自転車ラックとも呼ばれ、その名の通り自転車を収納するためのラックのことを言います。

近年の日本の住宅では、一戸建てでもマンションのような集合住宅でも、敷地が限られていることが多く、特に集合住宅では、狭い敷地に多くの自転車を収納する必要があります。

この様な場合に、サイクルラックを用いることで、狭い敷地により多くの自転車を収納することが可能になります。

サイクルラックの使用用途

サイクルラックは、その名前の通り、自転車を収納する際に用います。

住宅、特にマンションなどの集合住宅では、駐輪スペースが狭いこともあり、サイクルラックが設けられていることが多いです。

また、集合住宅以外にも、商業地の駐輪場などにも、サイクルラックが設置されていることがあります。

サイクルラックの原理

サイクルラックには、平面式と2段式の2種類があり、さらに細分すると、6種類のタイプがあります。

垂直2段式ラックは、操作性と収容効率を両立したサイクルラックです。

上段はレールを垂直に上下させて自転車を収容し、下段はスライド式でより多くの自転車を収容可能にします。

2段式下段スライドラックは、下段がスライドラックで、最も収容効率がありますが、天井の高さが要求されます。

2段式ラックは、最もスタンダードなタイプのサイクルラックで、上下段とも固定式です。

スライドラックは、平面式のサイクルラックで、ラック本体が左右に可動可能で、自転車の出し入れを容易にします。

傾斜ラックは、ラック本体の高低差で、ハンドルによる干渉を緩和し、自転車全体を収容することを可能にします。

平置ラックは、前輪だけを収納するシンプルなラックで、最もコストを抑えることができます。

参考文献
https://www.bicyclette.co.jp/product/rack/000286.html
http://www.nichipure.co.jp/rack/r_top.html

サイクルラックのメーカー情報

サイクルラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社LIXILグループ
  2. 2 不二ライトメタル株式会社
  3. 3 株式会社ダイゾー

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社OSS
  2. 2 株式会社オービック・ジャパン
  3. 3 株式会社三栄製作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイケン
  2. 2 サス・サンワ株式会社
  3. 3 株式会社ダイゾー

サイクルラックのメーカー18社一覧


関連記事

カテゴリから探す