東京硝子器械株式会社
日本ジェネティクス株式会社
ワケンビーテック株式会社
フナコシ株式会社
ビーエム機器株式会社

【2021年版】PCRチューブ5選 / メーカー14社一覧

PCRチューブのメーカー14社を一覧でご紹介します。


目次


PCRチューブのメーカー情報

PCRチューブのメーカー14社一覧


PCRチューブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トーホー
  2. 2 タカラバイオ株式会社
  3. 3 ナカライテスク株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社インミディアム
  2. 2 タカラバイオ株式会社
  3. 3 ワケンビーテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ナカライテスク株式会社
  2. 2 フナコシ株式会社
  3. 3 株式会社トーホー

PCRチューブ5選

8連PCRチューブ(キャップ付)

深江化成株式会社 8連PCRチューブ(キャップ付) 画像出典: 深江化成株式会社公式サイト

特徴

8連PCRチューブ(キャップ付)は、ヴァージンポリプロピレンを原料として製造される、チューブごとに独立したキャップが付属したPCRチューブです。チューブ全体の肉厚が均一になるように成型されているため、熱伝導性が向上しています。

密閉性に優れたキャップを採用したことで、コンタミネーションやサンプルの蒸発といった重大なトラブルが発生する心配はありません。キャップはフラットタイプになっており、書き込みがしやすいことも特徴的です。

深江化成株式会社の会社概要

製品を見る

PCR用シンウォールチューブ

株式会社サンプラテック PCR用シンウォールチューブ 画像出典: 株式会社サンプラテック公式サイト

特徴

PCR用シンウォールチューブは、検体数の少ない実験に適した、チューブが連結されていない独立型PCRチューブです。チューブ壁面の肉厚を薄くすることで、熱が伝わりやすい構造になっています。

広く普及している容量0.2mlのチューブに加えて0.5mlの大容量タイプも取りそろえており、試料・試薬量を増やしたい場合にも問題なく対応可能です。0.5mlチューブのキャップはフラットタイプのみですが、0.2mlチューブはドームタイプおよびフラットタイプの2種類が用意されており、用途に応じて選択できます。

株式会社サンプラテックの会社概要

製品を見る

PCRチューブ

ワケンビーテック株式会社 PCRチューブ 画像出典: ワケンビーテック株式会社公式サイト

特徴

ワケンビーテック製のPCRチューブは、キャップのデザイン・構造にこだわって設計されたPCRチューブです。キャップの光透過性を向上させてリアルタイムqPCRにおける高い感度を実現しており、作業時間の短縮・試薬の節約に役立ちます。

従来品と比較してわずか1/10程の軽い力でキャップを開閉できるようになっているため、開閉時のストレスや液の飛散に悩まされることがありません。熱伝導性が高い均一肉薄設計を採用していることも特徴的です。

チューブはあらかじめナンバリングされており、取り違えなどの操作ミスを防止できます。

ワケンビーテック株式会社の会社概要

製品を見る

PCR チューブ

ナカライテスク株式会社

特徴

ナカライテスク製のPCR チューブは、一般的に広く用いられている容量0.2mlタイプのポリプロピレン製PCRチューブです。PCR実験において増幅結果に悪影響を及ぼすDNaseやRNase・Human DNAを含まないことが保証されており、正確な実験を行うことができます。

ラインアップが充実しており、大量の検体を扱う際に便利な8本連結タイプと、各チューブが独立しているシングルタイプの2種類から選択可能です。キャップは連結タイプにドームキャップ、シングルタイプにフラットキャップがそれぞれ採用されています。

ナカライテスク株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市中京区二条通烏丸西入東玉屋町 498 番地
  • URL: https://www.nacalai.co.jp/
  • 創業: 1846年
  • 従業員数: 297人

製品を見る

PCRチューブシリーズ ハイグレードタイプチューブ

タカラバイオ株式会社 PCRチューブシリーズ ハイグレードタイプチューブ 画像出典: タカラバイオ株式会社公式サイト

特徴

PCRチューブシリーズ ハイグレードタイプチューブは、RNaseやDNaseに加え、発熱物質であるパイロジェンを徹底的に排除して製造されたPCRチューブです。

PCR実験で混入が問題となる物質を含まないため、オートクレーブ不要で安定した結果が得られ、作業にかかる手間を低減できます。キャップのはまり込み部分を長くすることで密閉性が向上しており、使用時の汚染対策も万全です。

ラインアップが豊富で、キャップはドームタイプ・フラットタイプ、チューブは独立タイプ・連結タイプから選択できます。

タカラバイオ株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す