サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
PHCホールディングス株式会社

【2021年版】CO2インキュベータ5選 / メーカー5社一覧

CO2インキュベータのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


CO2インキュベータとは

CO2インキュベータは、細胞を生理的な条件で培養するための培養装置です。

細胞培養には温度や湿度、pHの制御が極めて重要で、これらが適切でないと細胞の機能に影響を及ぼすだけでなく、最悪の場合死滅してしまいます。

CO2インキュベータはこうしたパラメータを正確にコントロールすることで細胞機能を正常に保ち、細胞を用いた実験をサポートする装置です。特に炭酸塩でバッファされた培地のpHを一定に保つために炭酸ガス(CO2)を供給できることが特徴です。

CO2インキュベータの使用用途

新規薬剤のスクリーニングなどを行う際は候補薬剤を培養細胞に添加することでその効果を検証します。薬剤の効果を正しく評価するには培養細胞が生理的条件に近い状態にあることが前提です。CO2インキュベータはこのように細胞の機能や健康状態をできるだけ生体に近い状況で培養するために用いられます。

ほかにも基礎生物学的な研究で細胞の機能を評価する際や遺伝子導入実験を行う際にも適切な条件で細胞を培養・維持することが実験の成否に繋がります。

CO2インキュベータの原理

培養を細胞するための培地の多くには弱アルカリ性ですが、pHを7.4近傍に調整するために炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)などの炭酸塩が添加されています。通常の大気中ではCO2濃度は0.05%以下のため、培地中に含まれる炭酸イオンの平衡状態が崩れ、培地から大気中へ炭酸ガス(CO2)として放出されてしまい、培地のpHは上がって(アルカリ性に偏って)しまいます。CO2インキュベータは、庫内のCO2濃度を5%と高濃度に調整することで培地中の炭酸イオンと庫内CO2ガスとの平衡を維持するので、培地の炭酸イオンが一定濃度に保たれます。これによって培地のpHを生理的条件に近い7.4近傍に維持することができます。

また、培養温度は哺乳類細胞であれば37度に保たれ、湿度は95%以上に保たれます。湿度の低下は培地から水の蒸発を促進し、培地成分の濃度上昇や浸透圧の変化を引き起こします。

CO2インキュベータは、これらのパラメータを各種センサーでモニターしながら、設定した値に保たれるようにフィードバックをかけています。

CO2インキュベータの酸素濃度

CO2濃度は多くの場合5%程度に設定されます。このとき、庫内の酸素濃度は大気と同じ約20%です。CO2インキュベータは、CO2の濃度をコントロールする装置であり、酸素濃度の調節機能はついていないためです。

ただし、培養装置の中にはマルチガスインキュベータという酸素濃度を調節できるものがあります。また、CO2インキュベータに後付けできる酸素コントローラーと呼ばれる装置も存在します。これらを使用し酸素濃度を低濃度にコントロールすることで、生体内に近い条件で培養した細胞の応答を見ることができます。

CO2CO2インキュベータの掃除方法

CO2インキュベータでは細胞の培養に適した環境であると同時に、汚染菌にとっても繁殖しやすい温度や湿度となっています。インキュベータ内の定期的な清掃は、汚染菌の繁殖やコンタミネーションを防ぐために重要です。清掃頻度は、2週間から1か月に1回を目安とします。

  • 庫内の掃除
    庫内表面や棚は、絞ったアルコール綿で拭き取るようにしましょう。扉の解放時間が長くなるとCO2濃度や温度、湿度が低下してしまうため、手早く清掃を行います。

    棚を取り外せる場合は、洗剤と水で洗浄し乾燥させた後に再度取り付けます。

    インキュベータ用の清掃薬剤も販売されているため、これを使用する方法も効果的です。培養物を庫内に入れたまま、庫内表面をスプレー清掃できるタイプがあります。
  • 加湿バットの掃除
    湿度を保つためにバットへ補給している水には通常不純物の少ない蒸留水が用いられますが、水カビやバクテリアが繁殖する場合もあります。水の中に防腐剤を添加しておくと尚良いでしょう。防腐剤には、濃度0.2~0.3%のオキシペンMや0.5%のS.D.S、0.02%のヒビテン液、0.1%のEDTAを使用します。

    加湿バットは水の交換時に清掃を行いましょう。洗剤と水で洗浄し、滅菌水をかけて水気を拭き取ります。汚れが見られない場合には、洗剤を使用せず水洗いだけでも問題ありません。

参考文献
https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/cell-culture-environment/
https://cellbank.nibiohn.go.jp/legacy/information/history/takaoka/documents/co2comment.htm
https://www.technosaurus.co.jp/pdf/MSTopics/MSTopics005.pdf
http://www.geochem.jp/qanda/answer/015.html
https://www.cosmobio.co.jp/product/detail/disinfecting-waterbaths-incubators-blg.asp?entry_id=15286
https://files.yamato-net.co.jp/support/y-wins/pdf_manual/ip400.pdf

CO2インキュベータのメーカー情報

CO2インキュベータのメーカー5社一覧


CO2インキュベータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 PHCホールディングス株式会社
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 PHCホールディングス株式会社
  2. 2 サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
  3. 3 コスモ・バイオ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 東栄株式会社
  3. 3 コスモ・バイオ株式会社

CO2インキュベータ5選

卓上タイプ SCO2W

東栄株式会社 卓上タイプ SCO2W 画像出典: 東栄株式会社公式サイト

特徴

卓上タイプ SCO2Wは高さが約70cmで限られたスペースにも設置できる個人での使用に向いた卓上型のCO2インキュベーターです。コンパクトな卓上型ではありますが、アクセスポートや湿度を表示するディスプレイが完備されているなど、機能性も備わっています。

内蔵されたHEPAフィルターにより、庫内の0.3μm以上の浮遊微生物を高効率で捕集でき、試料へのコンタミネーションを強力に防止します。温度安定性に優れたウォータージャケット方式を採用することで、37℃設定時に±0.2℃という高精度な温度制御が可能です。

東栄株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都中央区日本橋小舟町11-7ダイセンビル
  • URL: https://www.labinox.co.jp/
  • 創業: 1964年
  • 従業員数: 50人

製品を見る

IP600

ヤマト科学株式会社

特徴

IP600はコンタミネーション対策が必要な用途に適している滅菌機能や抗菌仕様にこだわったCO2インキュベーターです。乾熱滅菌機能が備わったエアジャケットを採用しており、日本薬局方に準拠した160℃・2時間の乾熱滅菌運転を行うことができます。

CO2センサーを乾熱滅菌運転の際に取り外す必要がなく、CO2センサーからのコンタミネーションの恐れがありません。抗菌のため、内槽や棚板には抗菌性のあるステンレス素材が用いられています。

ヤマト科学株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都中央区晴海1-8-11晴海トリトンスクエアY棟36階
  • URL: https://www.yamato-net.co.jp/
  • 創業: 1889年
  • 従業員数: 759人

製品を見る

Heracell 240i

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社 Heracell 240i 画像出典: サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社公式サイト

特徴

Heracell 240iは内部が抗菌性の銅でできている独自のチャンバーを採用することで、抗菌作用を高めたCO2インキュベーターです。庫内における微生物のコンタミネーション防止が徹底されているため、貴重な試料も安心して培養できます。

制御用のタッチスクリーンでは、庫内における培養環境の変化記録を確認することが可能です。大型の直接加熱水槽を用いることにより、従来機と比べてわずか5分の1の時間で湿度を回復できるのも特徴的です。

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社の会社概要

製品を見る

Mini CO2 Incubator

コスモ・バイオ株式会社

特徴

Mini CO2 Incubatorはマイクロコンピューターを用いて温度とCO2濃度を制御する、パーソナルタイプのCO2インキュベーターです。小型サイズのため、厳しい汚染管理が求められる場合には、インキュベーターごとクリーンベンチ内に設置して使用することもできます。

温度やCO2濃度は本体に付いているボタンによる簡単な操作で設定でき、操作性は良好です。2台を重ねることができるので、導入時のスペース確保に悩まされることもありません。

コスモ・バイオ株式会社の会社概要

製品を見る

MCO-170AICUVD

PHCホールディングス株式会社 MCO-170AICUVD 画像出典: PHCホールディングス株式会社公式サイト

特徴

MCO-170AICUVDは新開発の断熱材やフレームを採用することで、従来機の課題であった乾熱滅菌時の熱リークと最大電流を抑えたCO2インキュベーターです。こちらの特徴を活かし、2台を積み重ねて片方は乾熱滅菌・もう片方は通常の培養を行うといった使い方もできます。

インキュベーター内部に用いられる部品の耐熱性が高いため、UVランプなどの部品を取り外すことなく乾熱滅菌が可能で、滅菌実施ごとの煩わしい再校正作業は不要です。棚受けと内箱が一体となるように設計され、従来機に対して部品点数を8割削減したことにより、培養の合間の清掃が簡単になっています。

PHCホールディングス株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す