浜松ホトニクス株式会社
株式会社京都セミコンダクター
株式会社ユニテク
株式会社オプトランス
新光電気株式会社
ローム株式会社
スタンレー電気株式会社
シャープ株式会社
コーデンシ株式会社
オムロン株式会社
OSRAM Opto Semiconductors
Micropac Industries, Inc.

【2021年版】フォトトランジスタ メーカー21社・103製品一覧

フォトトランジスタのメーカー21社・103製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フォトトランジスタとは

フォトトランジスタは、光を検出するための半導体素子でフォトダイオードとトランジスタを組み合わせた構造をしています。

トランジスタと組み合わせることで、フォトダイオードで受光した際に発生した光電流を約1000倍まで増幅することができます。そのためフォトダイオードよりも感度が高いという特性があります。

また、パッケージによって様々な形状のものがあり、用途に合わせて適切なものを選択する必要があります。

フォトトランジスタの使用用途

フォトトランジスタは、受光センサーとして幅広く使用されています。

特に、800 nm付近に感度のピークを持つため赤外線の受光を目的として使用されるのが一般的です。例えば、テレビやエアコンのリモコンなどで赤外線LEDと組み合わせて使用されることが多く、また自動ドアのセンサーとして使用されることもあります。

また、光を検知して電流が発生することから、光で駆動するスイッチとして用いられることもあります。

フォトトランジスタの原理

フォトトランジスタはNPN構造をもつ半導体素子です。

半導体のエネルギーギャップに相当する光が入射すると価電帯の電子が伝導帯に励起してN層への移動が起こり、ホールはP層へ移動します。これにより接合部で順バイアスがかかり電流が流れます。

フォトトランジスタのトランジスタはベース電極を持ちませんが、受光によって発生する光電流がベース電流となってこれをコレクタで増幅します。他のトランジスタと同様にhFE(トランジスタの増幅率)倍にベース電流が増幅されますが、フォトトランジスタでは、hFEの比較的大きなものが使われる傾向があります。

コレクタベース接合部では電流が常にリークしており、これも増幅されます。したがって、フォトトランジスタは、完全な暗環境であっても微弱な電流が流れている状態になっています。これを暗電流といい光センサーとしての内部ノイズになります。暗電流は温度に比例して増加する特性が有るため暗電流によるノイズを抑えるために素子を冷却することもあります。

参考文献
http://www.kodenshi.co.jp/top/seminar/vol_02/
https://www.digikey.jp/ja/articles/how-to-use-photodiodes-and-phototransistors-most-effectively
https://techweb.rohm.co.jp/iot/tech-info/keypoint/3870

フォトトランジスタのメーカー情報

フォトトランジスタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 Broadcom Inc.
  3. 3 ローム株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ユニテク
  2. 2 OSRAM Opto Semiconductors
  3. 3 Harvatek Corporation

歴史のある会社

  1. 1 シャープ株式会社
  2. 2 スタンレー電気株式会社
  3. 3 Excelitas Technologies Corp.,

フォトトランジスタのメーカー21社一覧


フォトトランジスタの103製品一覧

フォトトランジスタのオンライン購入


ミスミでチェック


秋月電子通商でチェック


アズワンでチェック

フォトトランジスタの中古品


ヤフオクでチェック

関連記事

カテゴリから探す