渡辺電機工業株式会社
株式会社エム・システム技研
東芝デバイス&ストレージ株式会社
日本パルス工業株式会社
新日本無線株式会社
ローム株式会社
Broadcom Inc.

【2021年版】アイソレーションアンプ メーカー12社・48製品一覧

アイソレーションアンプのメーカー12社・48製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アイソレーションアンプとは

アイソレーションアンプとは、入力・出力信号の間を電気的に絶縁しつつ、信号を伝達できるアンプです。マイコン制御ボードのようなプリント基板の入力回路や出力回路に組込み、外部から入る信号を直流的に絶縁して、計測を正確に行えるため、一般的に計測器や医療機器などに使用されます。また、使用者の安全を確保する役割も果たします。

感電防止、信号分岐(責任分界)、高アース電位対策、ノイズ対策などが特徴として挙げられます。

アイソレーションアンプの使用用途

重電・産業用機械、電源装置、発電装置、医療機器、半導体製造装置、輸送機(車両)、通信機器、計測機器に使用されます。

回路に要所に組み込むことで、機器が故障した場合も使用者が感電しないよう安全対策として機能します。

複数のシステムへ信号を送る場合も、複数用いることでシステム相互間の干渉を防ぎます。

高アース電位による逆走電流を取り除き、電源を保護します。

ノイズの発生源が多い環境でも設置できます。

アイソレーションアンプの原理

計測する入力を信号源に影響を与えないようにとても高い入力インピーダンスを持つバッファ回路①へ入力します。入力信号と同じ電圧が出力側に現れ、バッファ回路①の出力は信号トランスの1次側へ伝達し、その出力インピーダンスは信号トランスのインピーダンスが変化しても出力電圧が変動しないようにとても低い値になっています。信号トランスの1次側と2次側をスイッチング素子①と②により同時にオンオフを繰り返すことで同期整流の原理から1次側に入った信号電圧と等しい電圧が2次側に接続されたコンデンサにかかります。この電圧がコンデンサの放電により減少させないようにとても高い入力インピーダンスを持つバッファ回路②を経由して出力されます。バッファ回路②の出力インピーダンスは、出力電圧が出力信号を負荷する側の入力インピーダンスの影響を受けないように、とても低い値になっています。発振器の発振周波数は、アイソレーションアンプの周波数特性に合わせて設定されています。このアンプの性能は信号トランスの設計と品質によって大きく影響を受けます。

参考文献
https://www8.m-system.co.jp/pub/catalog_j/data_pdf/A/500494.pdf
https://jp.rs-online.com/web/c/semiconductors/amplifiers-comparators/isolation-amplifiers/

アイソレーションアンプのメーカー情報

アイソレーションアンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 Broadcom Inc.
  2. 2 ローム株式会社
  3. 3 東芝デバイス&ストレージ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シーアールボックス株式会社
  2. 2 グローバルマイクロニクス株式会社
  3. 3 株式会社エム・システム技研

歴史のある会社

  1. 1 東芝デバイス&ストレージ株式会社
  2. 2 渡辺電機工業株式会社
  3. 3 ローム株式会社

アイソレーションアンプのメーカー12社一覧


アイソレーションアンプの48製品一覧

アイソレーションアンプの中古品


マルツエレック株式会社でチェック

関連記事

カテゴリから探す