【2021年版】コントロールアンプ メーカー6社一覧

コントロールアンプのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コントロールアンプとは

コントロールアンプとは、英語でアンプリファー(Amplifier)と呼ばれる増幅器の1種類です。そのアンプにも色々な種類がありますが、その中でもコントロールアンプ
と呼ばれるアンプは、別名をプリアンプとも呼ばれています。つまり、コントロールアンプはプリアンプ(増幅する前段階)であり、プリアンプは、次工程のメインアンプやパワーアンプと言った各種アンプと呼ばれる増幅器の一番最初に通る最前段のアンプ(増幅器)になります。例えば、オーディオ機器の場合、その役割は主に、入力の分配、音質や音量や出力バランスなどの各種レベル調整に加えて、各種入力の信号レベルを調整したり、幅広い周波数帯域を上げ下げしたり等の機能があります。

コントロールアンプの使用用途

コントロールアンプの使用用途で最も有名なのは、オーディオ機器になります。オーディオ機器に詳しい方であれば常識と思いますが、通常、人がオーディオのスピーカーから聞こえる音は、一般的にプレーヤーと呼ばれるCDやDVDなどの音源媒体を再生する機器から出力された電気信号を、そのままスピーカーに出力させても聞こえず、一度、アンプを通すことで、人の耳に聞こえるようになります。この調整役がアンプであり、そのアンプの中の1つで、最も最初に通るアンプ(増幅)の前段階調整がプリアンプとなります。

コントロールアンプの原理

コントロールアンプの原理について説明します。コントロールアンプは別名をプリアンプと呼ぶことは既に説明済みですが、このプリアンプ自体は、次工程の増幅器のメイン機能
であるパワーアンプに出力する電気信号を前段で調整しておく役割を持っています。アンプそのものの原理は、名前の通り増幅器なので、入力信号を増幅して出力する機能になります。一般的に、そのプリアンプの内部回路は、概ね3ステップの増幅機能を有します。1ステップ目は通常バッファと呼ばれる回路で、信号の増幅そのものよりも増幅させる前の信号を綺麗にさせる役割を担っています。2ステップ目が本来の役割で、完全な信号増幅動作を行っています。3ステップ目は、最終的に出力する上での信号を整えるバッファとしての機能を持った回路であり、これらを全て通すこととで、コントロールアンプ(別名プリアンプ)の機能を使ったことになり、これを使うことで、次工程のメインパワーアンプに信号を入力することが可能になります。

参考文献
https://justfriends.jp/blog/post37
http://area-sasuke.net/hometheater/amp_kind.php

コントロールアンプのメーカー情報

コントロールアンプのメーカー6社一覧


コントロールアンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アキュフェーズ株式会社
  2. 2 株式会社ステレオサウンド

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社オーディオデザイン
  2. 2 エソテリック株式会社
  3. 3 アキュフェーズ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ラックスマン株式会社
  2. 2 株式会社ステレオサウンド
  3. 3 アキュフェーズ株式会社

関連記事

カテゴリから探す