【2021年版】コンテナラック メーカー3社一覧

コンテナラックのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コンテナラックとは

コンテナラックは、コンテナを並べて保管するためのラックです。製品・資材の保管や整理に使用します。

コンテナを収納するラックは金属製であり、コンテナを入れたまま移動させることができるようキャスターがついているタイプもあります。コンテナの大きさや性質、倉庫のスペース、移動の有無など用途に応じて選定します。

同型のコンテナラック同士は並べて連結したり積み重ねたりすることができ、地震等の揺れに強く空間を効率的に使用できます。また、ラックごと運べるので荷物の入れ替えを行うこと無く輸送可能です。

コンテナラックの使用用途

コンテナを並べて保管するためにコンテナラックを使用します。

コンテナおよびコンテナの内容物が軽量の場合は、コンテナの背面がフック状になっており、コンテナをひっかけるだけでコンテナラックとなるシンプルな構造をしています。場所を取らないことやコンテナの中が見やすいことなど美観への工夫がなされ、移動させるためのキャスターがついているタイプもあります。

一方、重量物を積載したコンテナを収納するコンテナラックはそれ自体に相応の重さがあり、丈夫さや安定感を重視した設計となっています。

コンテナラックの原理

コンテナラックは多数のコンテナをまとめて保管しておくことができるラックです。コンテナのサイズに合わせた設計がなされています。コンテナラック同士を積み重ね・連結できるタイプが多く、省スペースで空間を効率的に利用できます。また重量のあるコンテナラック同士を連結させ固定することで安定性が増し、耐震性も備えることができます。

コンテナラックの多くは前面が開放された構造であり、ラックを積み重ねたまま製品を出し入れすることが可能です。またここにはフタが差し込めるようになっていることがあり、コンテナラックごと輸送する際、コンテナや積載物が前面から滑り落ちるのを防ぐ役割があります。

いっぽう、軽量物を保管するコンテナ用のコンテナラックはパーツキャビネットと似た役割を持っています。省スペース化と美観のための工夫がなされており、組み立ても解体も容易で安価です。移動させることを想定したキャスター付の製品も存在します。反面、強度や安定性には不安が残ることがあります。

参考文献
http://a2k.jp/daisha/27rack/rack_contena/index.htm

コンテナラックのメーカー情報

コンテナラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 三進金属工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 三進金属工業株式会社
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 株式会社マーベル

歴史のある会社

  1. 1 株式会社マーベル
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 三進金属工業株式会社

コンテナラックのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す