【2021年版】ハンドル自動化ユニット メーカー4社一覧

ハンドル自動化ユニットのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハンドル自動化ユニットとは

ハンドル自動化ユニットは、製造業の生産ラインで手作業で位置決めや、ハンドルを回して生産工程を目視で調整するということを、自動化しヒューマンエラーを減らすための製品です。位置決めが悪い場合、正しく製品が生産ラインを通過せず、生産効率が下がってしまいます。それらをハンドル自動化ユニットを用いることでパソコンで全て管理し、ハンドル操作を自動で一括制御することができます。基本的に制御する時に無線で行うため機器をつなげるの配線を気にする必要がありません。

ハンドル自動化ユニットの使用用途

ハンドル自動化ユニットの使用用途は工場、生産ラインの段取りをハンドル自動化ユニットによって操作を制御します。生産ラインのハンドルの位置が作業しにくい場所などにあると、作業者の身体的負担が大きくなり、健康状態に直結する可能性があります。ハンドル自動化ユニットを導入することで作業者の身体的な負担を減らすことができます。さらに生産性を上げるために人間がハンドル操作を行うとヒューマンエラーが発生してしまうリスクがあります。自動化することでそのリスクを減らすことができます。

ハンドル自動化ユニットの原理

ハンドル自動化ユニットは、従来の手動のものと簡単に取り変えることができ、すぐに自動化することができます。無線のものは配線の心配がいらないため、工場などで使用する際の配線の心配を気にする必要がありません。また複数のユニットを一つの受信機でコントロールすることができるため、段取りの作業時間を大きく減らし、生産性の向上が見込めます。

高所や低所、障害物のあるところでも、ハンドル自動化ユニットを一度装着すると、作業を毎回する必要がなくなり、作業者の身体的負担やヒューマンエラーのリスクを削減することができます。製品によっては、水や粉塵がかかる場所もありますが、防水防塵に対応しているハンドル自動化ユニットもあるため機械にとって環境が悪い生産ラインでも対応することができる製品もあります。

ハンドル自動化ユニットは、自動化するプログラムを開発済みのため、導入した際の時間やコストを削減することができる特徴があります。

参考文献
https://www.nbk1560.com/products/mechatronics/positioning_unit/EPU-200-ex/configuration/

ハンドル自動化ユニットのメーカー情報

ハンドル自動化ユニットのメーカー4社一覧


ハンドル自動化ユニットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日伝
  2. 2 西川産業株式会社
  3. 3 株式会社ウエノ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ウエノ
  2. 2 西川産業株式会社
  3. 3 株式会社日伝

歴史のある会社

  1. 1 株式会社日伝
  2. 2 西川産業株式会社
  3. 3 株式会社ウエノ

関連記事

カテゴリから探す