株式会社ブリヂストン

【2021年版】エアピッカー メーカー5社一覧

エアピッカーのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


エアピッカーとは

エアピッカーとは、中空の円筒形状のゴムが、エアーを注入することでドーナツ形に膨らみワークの内側に接触し、その摩擦により保持する機械部品で、ワークの内面を保持し接触部に傷とつけない特徴を持っています。
エアピッカーと同じ原理で、ワークの外面を保持するものをエアーグリッパーと呼んでいます。

適用ワーク内径が例えばφ16~21など幅があるので、1つのエアピッカーで複数種のワークを把持することができます。

一般的にはクロロプレンゴムが使用されていますが、高い耐熱性が必要な箇所や食品業界向けにシリコン製もあります。

エアピッカーの使用用途

エアピッカーはガラス瓶やペットボトル、缶、内側しか触ることができないプリンターのドラムなどの搬送や燃料タンク、マフラー、ポンプなどのエアリークテストにも使用されています。

サランラップなどロール状製品の巻取りや搬送にも使用されています。

1つのサイズで異径のワークをつかむことができる特徴を活かし、産業用ロボットや協働ロボットのハンド(エンドエフェクタ)に採用され、ワークの内側把持でも活躍しています。

シリコンタイプは化学的に安定しており温度依存性が小さく耐寒性・耐熱性に優れている特徴を活かし食品や衣料品関係の搬送でも使用されています。

エアピッカーの原理

エアーピッカーは最大で自重の70倍までの重さのワークを空気の注入・排気により確実で高速に把持面に傷をつけることなく把持、リリースすることができる機械部品の一つです。

ゴム部が同心円状に膨らむことで、一つのサイズで異径のワークを把持できるためチャック交換の工数を削減することができます。

反面、経年変化によるゴムの割れや傷部からのリークなどがあると、把持機能を失うので、鋭利なものがあたらないように注意したり、紫外線などによる劣化を防ぐもしくは環境にあわせた素材選びの必要があります。

摩擦により保持するため、摩擦係数の低いワーク(ジュラコンなど)や表面に水分や油分など摩擦力をさげるような物質がついたワーク、形状的にすべりやすい部品を把持する際は十分な安全係数を見込む必要があります。

割れやすい部品の把持する力は供給する圧力で調整できるため、エアーレギュレーターと一緒に使用するのが一般的です。

参考文献
https://www.bridgestone.co.jp/products/dp/pneumatic_holders/examples.html
https://jp.misumi-ec.com/pdf/mold/10_mo0089.pdf

エアピッカーのメーカー情報

エアピッカーのメーカー5社一覧


エアピッカーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ブリヂストン
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 オリムベクスタ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 オリムベクスタ株式会社
  2. 2 田中商事株式会社
  3. 3 三耐工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ブリヂストン
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 三耐工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す