【2021年版】吊りベルト メーカー8社一覧

吊りベルトのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


吊りベルトとは

吊りベルトはその名の通り重量機器を吊り上げるために使用されるものですが近年では非常に多く使用されています。

昔はものを吊り上げる時といえば玉掛けワイヤーが多く使用されていましたが、玉掛けワイヤーは機器を傷つけたりする恐れがあったりしたため、直接機器などにまくことができず非常に不便なものでした。また、キンクやワイヤーのほつれなどで簡単に使用できなくなるので、その管理が非常に面倒なものでした。

しかし、吊りベルトは機器を傷つける恐れがないため直接まくこともでき非常に便利なものです。

吊りベルトの使用用途

吊りベルトは基本的には重量機器の玉掛けなどに使用されます。吊りベルト単体で用いることもありますが基本的にはシャックルなどと共に使用しますが、吊りベルト単体で機器にまきつけて玉掛け作業を行うこともあります。

吊りベルトは玉掛け作業ではなくてはならないもので、今となっては玉掛けワイヤーに代わって非常に多く使用されています。

たとえば小さな機器の吊り上げから大型機器の吊り上げまで、吊りベルトは多種多様なものがあり、使用荷重も多くの種類があるので広い範囲で使用することができます。

吊りベルトの原理

吊りベルトはナイロンスリングとも呼ばれるようにナイロンでできたものが数多く締めます。その多くは両端が「アイ」と呼ばれるリング状になっており、そこにシャックルやフックをひっかけて使用します。

ナイロンスリングは玉掛けワイヤーと同じように使用に際してはものによって最大荷重が定められており、その荷重未満で使用することが必要です。特に使用荷重が大きくなればなるほど吊りベルトの幅が広くなり柔軟性などが低くなり使用しにくくなりますので、なるべく吊り上げる荷重に適合したベルトを使用することが必要です。

ただし、玉掛けワイヤーと同じように吊りの角度によっては使用荷重見なんでも使用できなくなるので注意が必要です。また、角などに直接当てると強度が大幅に落ちるので必ず当て板などをして保護することが必要です。

吊りベルトは玉掛けワイヤーと比べるとささくれなどもなく素手でも使用できるくらい安全なものですが、玉掛け作業というものは危険が伴うので専門の教育を受けた人が行うことが必要です。

参考文献
http://slingbelt.yakiin.net/nylon/
https://www.toray-intl.co.jp/sling/sling/beltsling/nylonSling/nyl_020.html

吊りベルトのメーカー情報

吊りベルトのメーカー8社一覧


吊りベルトのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社キトー
  2. 2 田村総業株式会社
  3. 3 ナロック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アヴィエラン株式会社
  2. 2 株式会社ルッドリフティングジャパン
  3. 3 豊彰繊維工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 田村総業株式会社
  2. 2 ナロック株式会社
  3. 3 株式会社キトー

関連記事

カテゴリから探す