トラスコ中山株式会社

【2021年版】ミニバイス メーカー4社一覧

ミニバイスのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ミニバイスとは

ミニバイスは、「バイス」の中でも小型なものを指します。「バイス」は、作業時に加工物を固定するための道具であり、様々な加工作業で使用されています。ミニバイスは、主に手作業で行う加工の際に使用されており、最近では100円ショップなどでも購入することが可能となっています。バイスそのものの素材としては、金属から樹脂のものまで幅広く存在し、素材によって保持力が異なります。

ミニバイスの使用用途

やすりがけや、切断作業などの加工時に、加工対象物を固定するために使用されます。手で押さえて加工できる作業であれば必要ありませんが、高速回転する機材を使っての加工など、加工するものを手で持った状態での作業ができない場合には、必須の工具です。バイスは、加工物そのものを固定するだけなので、実際の使用時には、ねじやクランプなどで、バイスそのものを加工台に固定する必要があります。ミニバイスは、この中でも小型なものを指し、主に手作業での加工を行う際に使用されることが多いです。

ミニバイスの原理

「バイス」も「ミニバイス」も、ねじを回すことで直線運動を行う機構で構成されており、対象物を左右から挟み込むことで固定を行います。ねじの締め付け力によって固定を行うため、柔らかいものを固定する際は、対象物が破損しないように注意する必要があります。一般的に、金属製のバイスと樹脂製のバイスが存在しますが、固定するものも、バイスの素材に合わせて「金属の加工は金属製のバイス」、「樹脂の加工は樹脂製のバイス」という形で使用されることが多いです。また、金属製のバイスの中には、対象物を固定する面に「V溝」が彫られており、棒状の物などを固定しやすくなっているものも存在します。

また、バイスには、基本的に固定用の穴や長穴が開いており、これを利用してねじで加工台への固定を行うことが必要です。ねじでの固定ができない場合には、別なクランプを使用して固定することもあります。これは、バイスそのものを固定しておかなければ、作業中にバイスごと加工対象物が動いてしまうためです。特に、ドリルやリューターなどの高速回転するものなどで加工を行う場合、思わぬ怪我につながる可能性も高いため、注意が必要となります。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/vise/#:~:text=%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E4%B8%8A,%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%82%92%E6%8A%BC%E3%81%95%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&text=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%80%81%E7%A9%B4%E9%96%8B%E3%81%91%E5%8A%A0%E5%B7%A5,%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AB%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/055/

ミニバイスのメーカー情報

ミニバイスのメーカー4社一覧


ミニバイスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 榮製機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 株式会社兼古製作所
  3. 3 榮製機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 榮製機株式会社
  2. 2 株式会社兼古製作所
  3. 3 トラスコ中山株式会社

関連記事

カテゴリから探す