金子産業株式会社
株式会社ソーキ
三洋貿易株式会社

【2021年版】張力計 メーカー13社一覧

張力計のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


張力計とは

張力計とはベルトや繊維、ロープなどの張力を測定する装置でテンションメーターとも言われます。張力とは物質を引っ張ったときに加わる力のことであり、物質や製品ごとに耐えられる張力は異なっています。許容される張力を超えると繊維が千切れたり、断線する恐れがあるため物質に加わる張力の測定は重要です。

張力を測定するときは張力計に取り付けた状態でサンプルを伸ばします。取り付けられるサンプルの大きさや測定したい張力の範囲によって用いる張力計は異なります。

張力計はワイヤー、ロープからフィルムやリボンまで使用可能

張力は耐久性に関わる重要な物性値であるため、様々な材質、製品に対して張力計は用いられます。例えばロープやワイヤー、繊維、銅線など、引っ張った状態で使用されることが多い物質で張力計は使われます。ウィンチロープやエレベーターのワイヤーなど高荷重の製品の評価にも張力計は用いられます。

その他、フィルムや束になったリボンなどでも張力計は使われます。製品の耐久性の評価として使われることもあれば、巻取りなどの製造プロセスにおいてどれだけフィルムに張力が加わっているかを評価するために張力計が使われることもあります。

張力を正確に測定するには張力計の固定とサンプルに適した装置が重要

張力計はピンと張った状態のサンプルの張力を測定する装置です。ワイヤーや糸、フィラメントなど線状の物質からフィルムやベルト、テープのような薄く平らな物質まで様々なサンプルに適用されています。張力は製品の耐久性や許容荷重に関係したり、製造プロセスにおいてどれくらいの速度でラインを稼働させられるか、という点にも関係する重要な物性値です。

張力計は携帯性の高い装置で、持ち運びが容易です。測定の際は張力計にサンプルを挟み込みます。サンプルがピンと張っていなければ張力を正しく測定できなかったり、測定値が変動する要因となるため注意が必要です。なお、手に持った状態で測定を行うと作業者の体の動きなどで測定値の精度が下がってしまうため、スタンドに固定させて測定するのが望ましいです。

なお、測定対象の大きさや張力の範囲によって用いることができる張力計の型番が異なります。実際に測定するときはサンプルの張力、サイズに合った張力計を選定する必要があります。また装置の耐荷重を超える負荷を加えると故障の原因となるので測定時に加わる負荷の大きさを予め見積もることが望ましいです。

参考文献
https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter
https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter/digital_tensionmeter
https://pac-tech.com/publics/index/23/

張力計のメーカー情報

張力計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 DKSHジャパン
  2. 2 株式会社池田理化
  3. 3 三洋貿易株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日本クラビス
  2. 2 キーストンサイエンティフィック株式会社
  3. 3 株式会社ソーキ

歴史のある会社

  1. 1 金子産業株式会社
  2. 2 株式会社池田理化
  3. 3 協和界面科学株式会社

張力計のメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す