株式会社シロ産業

【2021年版】圧縮梱包機 メーカー12社一覧

圧縮梱包機のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


圧縮梱包機とは

圧縮梱包機は油圧で産業廃棄物類を圧縮して梱包する機械です。圧縮梱包機を使用することで産業廃棄物の容量を3分の1から10分の1程度まで減らすことができます。古紙や段ボール、ペットボトルなどが集められた後、かさばるので圧縮梱包機で圧縮されて運搬されています。

圧縮梱包機は主に縦型のタイプと、全自動のベーラーの2種類があり、加圧する力が機種により異なります。全自動の製品は、PPバンドで梱包をほぼ自動で行うことができます。

圧縮梱包機の使用用途

圧縮梱包機は油圧で産業廃棄物類を圧縮して梱包する機械です。圧縮梱包機を使用することで産業廃棄物の容量を3分の1から10分の1程度まで減らすことができます。古紙や段ボール、ペットボトルなどが集められた後、かさばるので圧縮梱包機で圧縮されて運搬されています。

圧縮梱包機は主に縦型のタイプと、全自動のベーラーの2種類があり、加圧する力が機種により異なります。全自動の製品は、PPバンドで梱包をほぼ自動で行うことができます。

圧縮梱包機の原理

圧縮梱包機の原理は簡単で、機械に投入された廃棄物を油圧を利用して、上から板で圧縮してつぶしていきます。加圧する力は機械によります。

使用するときはまず、投入口に廃棄物を投入していきます。一度投入口がいっぱいになったら、圧縮梱包機のスイッチを押して圧縮板を作動させます。圧縮板が上から降りてきて、油圧で廃棄物が圧縮されていきます。サイクルタイムは30秒~60秒程度で早いです。圧縮が終わると圧縮板が元の位置に戻ります。廃棄物が圧縮されたことにより投入口に空間ができるので、また廃棄物を投入し、圧縮室がいっぱいになるまで作業を繰り返します。

圧縮後も投入口がいっぱいになったら、梱包します。自動で梱包するタイプでは、ポリプロピレンなどのビニールひもをセットすると、スイッチを押すだけで梱包してくれて取り出すことが出来ます。

圧縮による減容率は、対象によって異なります。食品トレイなどは5分の1、段ボール類は4分の1、プラくず類は3分の1、フレキシブルコンテナバッグは3分の1程度です。

参考文献

http://www.astec-eco.co.jp/products/konpo.html

https://www.tam-tokyo.co.jp/products/bale.html

圧縮梱包機のメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

圧縮梱包機のメーカー12社一覧


圧縮梱包機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フジテックス
  2. 2 新南株式会社
  3. 3 株式会社シロ産業

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アステックECO
  2. 2 新南株式会社
  3. 3 株式会社フジテックス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ササキコーポレーション
  2. 2 福見産業株式会社
  3. 3 川口紙工機械株式会社

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree