株式会社バルカー
株式会社スリーボンドホールディングス

【2021年版】シリコンガスケット メーカー5社一覧

シリコンガスケットのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコンガスケットとは

ガスケットとは配管や器具の可動性のない部位で部材と部材の間に設置し気密性や水密性、油密性などの密閉性を保つためのシール材

設置個所に合わせて成形された成形されたシート状などのガスケットと、液状でシーリングする部分に塗布・固化させることで密閉性と耐圧性を得る液状ガスケットがあります。素材により耐熱性や耐圧性、、耐薬品性などが異なる。シリコンガスケットは一般的に用いられるゴム系ガスケットの中でも耐熱性に優れる。

シリコンガスケットの使用用途

液状ガスケットは成形品では対応しづらい部分のシーリングに主に使用される。修理用パーツとして特に専門的知識がなくとも使用する場所に合わせた性質(耐熱、耐薬性、耐油性、耐圧性など)のものを選べば簡単に使用可能。

例:車のエンジン回りなどのオイルの漏れ対策など

一方成形ガスケットは部材と部材の間で密閉や圧力を維持するためにあらかじめ部材に合わせて成形されたものであり、ものによっては交換(消耗)パーツとして販売のあるものもある。

例:圧力釜の内ブタと内釜との隙間を埋め圧力を維持するなど

シリコンガスケットの原理

一般にシリコンガスケットと呼ばれるが、正しくはシリコーンガスケット。

シリコーンは二酸化ケイ素を還元したものにメチルアルコールなどの有機酸を結合させた化合物で有機と無機の両方の性質を持ち非常に安定した物質で、化学的に安定で酸化、分解されづらいことや生理活性の低いこと、そして何より一番の特徴である耐熱性の高さなどから蛇口や炊飯器などの体内に取り込まれる可能性のある用途でのガスケットからエンジンオイルの流路のガスケットのような耐熱、耐油性の要求される個所のガスケットまで様々な個所で使用される。

成形ガスケットは厚みがありかつ使用経過とともにへたりやずれ変形などが生じることで漏れが起こる可能性があるが、液状ガスケットは比比較容易に複雑な形状の個所でもシーリングでき、へたりがないなどの利点がある。一方、シリコン液状ガスケットには様々な種類があり使用する箇所に合わせて使用するタイプを選択する必要がある、硬化に時間がかかるなどの難点もある。

参考文献
http://www.mohno-dispenser.jp/compass/compass13.html
https://www.henkel-adhesives.com/jp/ja/products/industrial-sealants/liquid-gasket-solutions.html
https://www.nmri.go.jp/oldpages2/eng/khirata/design/ch07/ch07_02.html

シリコンガスケットのメーカー情報

シリコンガスケットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社スリーボンドホールディングス
  2. 2 株式会社バルカー
  3. 3 タキゲン製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社スリーボンドホールディングス
  2. 2 株式会社フカガワ
  3. 3 株式会社バルカー

歴史のある会社

  1. 1 タキゲン製造株式会社
  2. 2 株式会社バルカー
  3. 3 株式会社フカガワ

シリコンガスケットのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す