【2021年版】管フランジ メーカー19社一覧

管フランジのメーカー19社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


管フランジとは

管フランジはフランジとも呼ばれます。配管と配管同士をつなぐための接続方式の一つです。形はドーナツの形をしており、配管の中に通して使用します。また通したフランジは配管に溶接するなどして接続させます。フランジ同士の接続はボルトとなっており、JIS規格も存在します。

管フランジの特徴は取り外しの容易さです。何か洗浄などを実施したいとなると溶接管では切断を行わなければなりません。しかし管フランジではボルトを外せば良いのみです。

管フランジの使用用途

主に化学系のプラント配管に使用されています。ベースオイルや水などの配管を一部変更したいときなどに有効です。

管フランジに似た接続方式としてヘルール継手があります。これも見た目はフランジと同じような見た目をしています。ただし違いとして、管フランジはボルトでフランジ面どうしを接続するのに対し、ヘルール継手はヘルール面をヘルールバンドで固定します。これで工具を使わずに取り外しができます。主に製薬系や食品系で使用されます。

管フランジの原理

管フランジ同士の面の間にはパッキンを入れます。フランジ自体は主に配管と同じ材質の金属が用いられているのですが、金属面どうしの接触ではどうしても隙間ができてしまいます。そのためその隙間をパッキンで埋めます。先に紹介したヘルール継手もヘルール面同士の間にパッキンを入れています。

管フランジはボルトで挟み込むような形で止めます。サイズによってボルトが4本で止めたり、6本、8本と次第に本数が増えてきます。また使用する圧力によって厚みが厚いものと薄いものが存在します。

配管を途中で止めたい場合はブラインドタイプのフランジを使用します。これはフランジ面がドーナツ状になっておらず、完全に丸面となっているフランジです。これを用いることで配管の末端の蓋として機能させることができます。

現場で使用できない場合はねじ込み型のフランジを使用します。ただし消防法により危険物配管を用いる場合はねじ込みでの配管接続を実施することができません。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/506/

管フランジのメーカー情報

管フランジのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社リケン
  2. 2 イハラサイエンス株式会社
  3. 3 株式会社ベンカン機工

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エムディーメタル
  2. 2 アムト株式会社
  3. 3 ユタカ精工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ナガセ
  2. 2 藤井高圧工業株式会社
  3. 3 株式会社ベンカン機工

管フランジのメーカー19社一覧


関連記事

カテゴリから探す