株式会社カナデン
オムロン株式会社

【2021年版】FAシステム メーカー7社一覧

FAシステムのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


FAシステムとは

FAシステム(Factory Automation system:ファクトリーオートメーションシステム)とは、工場における自動化システムの総称のことです。

少子高齢化による労働人口の減少や、海外の人件費の高騰し、さらには国際的な競争の激化により高品質化が求められているため、工場の製造工程を自動化することが求められるようになりました。

製造工程の完全自動化が達成されれば、人件費の削減だけでなく、不良品削減による品質の向上、製造時間の短縮といったメリットも得られます。

FAシステムの使用用途

FAシステムは、工場の製造工程の自動化のために用いられていますが、対象は、加工、組立、マテリアルハンドリング(MHやマテハンと呼ばれる運搬管理)、管理の4分野が多いです。

また主な目的・狙いは、コスト削減、スピード向上、品質安定、(人間の)安全確保、人手で作れないものの製作などです。

更には、現状人手で行っていた不良品検査やロボットの位置決めなども、各種センサーから得られた情報で判断、制御することで、自動化が可能になっています。

FAシステムの原理

工場にFAシステムを導入し、生産ラインの自動化・無人化を進めるためには、生産ラインそのものの状態や、生産ライン上にある製品の状態を、遂次確認する必要があります。

生産ラインや製品の状態の情報を逐次得るには、生産ラインの、各作業工程に合ったセンサーが必要になります。

そのセンサーによって、温度や流量、圧力などを電気信号に変換することで、FAシステムは生産ラインや製品の状態の情報を得ることができ、機能することができます。

これらの原理や構造については、プロセス用のものとほぼ同じです。

一方で、プロセスオートメーション(PA)におけるセンサーはその大部分が温度、圧力、流量、液位などでカバーされるのに対して、FAに必要なセンサーは、生産ライン自動化に必要な周辺技術が広範囲なため、変位、速度、質量、振動、色、照度、欠陥、粗さ、形状、電気量、数量など様々なものが考えられます。

これまでの高精度化・高信頼化・高性能化から、集積化・多機能化・知能化といった、インテリジェント化が進むとみられています。

特に、高度な自動化を目的とした、繰り返し再現性の良い位置決めや、姿勢の情報検出は、各種アクチュエータの進歩にともなって、急速に発展しています。

参考文献
https://go.orixrentec.jp/rentecinsight/it/article-16
https://www.keyence-soft.co.jp/group/fa/
https://www.jemima.or.jp/tech/2-04-01.html
https://www.jemima.or.jp/tech/2-01.html

FAシステムのメーカー情報

FAシステムのメーカー7社一覧


FAシステムのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 東芝三菱電機産業システム株式会社
  3. 3 北斗株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東芝三菱電機産業システム株式会社
  2. 2 スキルド機電株式会社
  3. 3 北斗株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社カナデン
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 武井電機工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す