鶴田電機株式会社
音羽電機工業株式会社
豊澄電源機器株式会社
株式会社中村電機製作所
株式会社タムラ製作所
株式会社サンコーシヤ
東洋電源機器株式会社
東洋電機株式会社
東洋技研株式会社
東京精電株式会社
布目電機株式会社
富士電機テクニカ株式会社

【2021年版】トランス1選 / メーカー27社一覧

トランスのメーカー27社・119製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


トランスとは

トランス

トランスとは変圧器のことで、正式名称はトランスフォーマーといいますが、既にトランスという単語で定着しています。

電気製品などは交流のコンセントから電源を得ていますが、それらの電気製品の中にはモーターなど直流の電気で使用する部品が多数あります。

また、交流のまま使用できる部品であっても、コンセントからの電圧では使用するのに電圧が高すぎるものも多数あります。

電気製品は、電圧を変化させたり、交流を直流に変えたりといった目的で小さなトランスを内蔵し、それを用いて最適な電圧に変えることで動作しています。

トランスの使用用途

トランスは、交流の電圧を昇圧したり、降圧したりするための電気機器として使用されます。

大きいものは変電所で発電所などから送られた大電圧の電気を降圧するために使用されますが、小さいものは海外旅行先でコンセントの電圧を適切なものに変えるための変圧器として使用されたりしています。

このように、トランスは身近なものから大規模なものまで、産業用・家庭用にかかわらず幅広い用途で使用されており、なくてはならないものとなっています。

トランスの原理

トランスは大小ありますが、原理は電磁誘導の原理を応用したものです。

コイルに磁石を出し入れすることで、コイルの磁界の強さを変化させることで起電力が生じます。

トランスは、1つの鉄芯に2つのコイルを巻きつけた構造になっています。この2つのコイルのうち、入力側を1次コイル、出力側を2次コイルと呼びます。

1次コイルに交流電圧をかけることで鉄芯に磁界が発生し、この磁界の電磁誘導作用によって、2次コイルに電流が誘導され起電力が発生します。

この時、2次コイルに発生する起電力の大きさとコイルの巻き数は比例の関係にあります。そのため、2次コイルの巻き数を変えることで発生させる電圧の大きさを変えることができます。

また、コイルの巻き方には単巻と複巻があり、1次コイルと2次コイルが絶縁できるため通常は複巻を用いますが、サイズが大きくなる、コストが高くなるなどの理由から単巻を用いることもあります。

理想的なトランスは入力側と出力側の電気容量が同じになることですが、実際は電力損失があり、そのほとんどは熱として放出されます。

参考文献

https://www.kitagawa-denki.co.jp/products/about/whats/
https://hegtel.com/henatsuki.htm

トランスのメーカー情報

トランスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 TDK株式会社
  2. 2 株式会社タムラ製作所
  3. 3 株式会社サンコーシヤ

設立年の新しい会社

  1. 1 東洋電源機器株式会社
  2. 2 株式会社東京興電
  3. 3 イートン・エレクトリック・ジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 東京精電株式会社
  2. 2 株式会社タムラ製作所
  3. 3 TDK株式会社

トランスのメーカー27社一覧


トランス1選

業務用トランス TRTシリーズ

株式会社東京興電 業務用トランス TRTシリーズ 画像出典: 株式会社東京興電公式サイト

特徴

株式会社東京興電の業務用トランスの特徴として、トロイダルコアを使用した電源トランスで、日本国内で対応できるメーカーは少なく、ほとんどが海外メーカーでの対応が現状です。

トロイダル電源トランスは通常の電源トランスより小型・低ノイズが特徴で、オーディオや精密機器に使用されている実績があります。

株式会社東京興電の会社概要

製品を見る

トランスの119製品一覧

トランスのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

トランスのレンタル


治部電機株式会社でチェック


有限会社タマムラでチェック


レンタルのニッケンでチェック


株式会社山忠商会でチェック

トランスの中古品


中古機械情報百貨店でチェック


奥村電機株式会社でチェック


全日本機械業連合会でチェック


株式会社正巧社でチェック

関連記事

カテゴリから探す