株式会社日立産機システム
株式会社ダイヘン
東芝インフラシステムズ株式会社
東洋電機株式会社
富士電機株式会社
三菱電機株式会社

【2021年版】モールド変圧器 メーカー14社一覧

モールド変圧器のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


モールド変圧器とは

モールド変圧器とは、巻線部分を樹脂によって含浸モールドさせた変圧器のことです。変圧器は電圧を変化させる際に鉄心や巻線部分が熱を帯びてしまうため、放熱の必要があります。一般的な変圧器では放熱に油が使われますが、モールド変圧器では油の使用が無いため、安全面において優れた変圧器と言えます。万が一の際に発火の恐れが低いことや軽量小型なものが多いことから、屋内での使用に適しており、身近な建物の中にも設置されています。

モールド変圧器の使用用途

モールド変圧器はその安全性の高さから様々な場所で使用されています。例えば地下鉄です。地下鉄では大きな電力を消費する場合があり、変圧器を必要とします。しかし、油入変圧器を使用すると万が一の際に危険となります。このように火災が発生すると非常に危険な場面では、モールド変圧器の使用が適しているのです。また、マンションやデパートなどでも使われます。安全性はもちろん、小型で軽量という特徴から屋内施設での使用にも適している変圧器です。

モールド変圧器の原理

モールド変圧器も一般的な変圧器と同様に鉄心と巻線を利用してできています。まず、鉄心に導線を巻いて二つのコイル状の巻線を用意します。次に、片側に電流を流すと、電磁誘導の原理でもう一方に電圧が生じます。この巻き数を調整することで発生する電圧を調整する装置が変圧器です。

電圧を変化させる際に鉄心や巻線は熱を発生させますが、油入変圧器では周囲の油が熱を取り去り、水や風の力で外に放熱します。一方、モールド変圧器は乾式変圧器とも呼ばれ、油を使用しない点が最大の特徴です。油を使用しないことでモールド変圧器には次のメリット。デメリットがあります。

  • メリット1 安全性が高い
    万が一の際、油に引火して発火する恐れが無いため屋内や密閉空間でも使用できます。
  • メリット2 軽量で小型
    油を使用しない分、軽量で小型の構造が可能です。建物の高層部分にも設置することができます。
  • デメリット1 コストが高い
    油入変圧器と比べると、内部構造の違いからコストが高くなってしまいます。
  • デメリット2 大きな騒音
    駆動音や振動が大きいというデメリットもあります。油入変圧器は周囲の油が振動や音を吸収してくれますがモールド変圧器はそれが無いため、比較すると騒音が気になります。

参考文献
https://electric-facilities.jp/denki8/henatsu.html
https://www.daihen.co.jp/technologygeeks/cat01/cat01_01/29/
https://www.yodohen.co.jp/product/trans/mold/

モールド変圧器のメーカー情報

モールド変圧器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立産機システム
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 富士電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東芝インフラシステムズ株式会社
  2. 2 株式会社栄幸
  3. 3 株式会社日立産機システム

歴史のある会社

  1. 1 株式会社明電舎
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 利昌工業株式会社

モールド変圧器のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す