産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社阪上製作所
株式会社バルカー
株式会社エイエスケイ
株式会社SBC
日本ベアリング株式会社
日本トムソン株式会社
日本エスケイエフ株式会社
千住金属工業株式会社
シェフラージャパン株式会社
キヤノン株式会社
オイレス工業株式会社
イグス株式会社

【2020年版】滑り軸受 メーカー26社・91製品一覧

滑り軸受のメーカー26社・91製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


滑り軸受とは

滑り軸受は、軸の回転を滑り面で受ける軸受けのことです。間に油や空気などの流体がありますが、滑り面による面接触と考えることができます。

構造が単純で軽量、振動や音を伝えにくく寿命が長いという特長を持ちます。材質は樹脂や金属が一般的で、金属のものはメタル軸受けやブッシュなどとも呼ばれることもあります。間に流体を介在されないものもあり、それらはドライベアリングを呼ばれます。

滑り軸受は安価で使い勝手がよいため、材質や大きさには無数の種類があり、用途によって使い分けられています。

滑り軸受の使用用途

滑り軸受は、軸全体で荷重を受けることができ構造が単純で壊れにくいことから、さまざまな場面で使用されています。

代表的な使用用途は、エンジン用の軸受けとしてですが、大きいものは発電用の軸受けとして、小さいものは腕時計の中で使用されていたりもします。また、樹脂材で作られることもあり、絶縁性や耐薬品性が必要な場面での使用もできます。

滑り軸受は荷重を支える面積が大きいため、大荷重がかかる場面で使用されることが多いという特徴もあります。

滑り軸受の原理

滑り軸受は、回転軸を滑り面で受けています。軸との間には油や空気などの流体を介在させています。これにより摩擦係数を下げ、滑らかな回転が得られ、発熱や騒音が少なく、軸受けの寿命を延ばしています。

面で接触するため摩擦係数が大きくなりますが、転がり軸受に比べて、部材のばらつきが少なく滑らかな回転が得られる、外径寸法が小さく取付スペースが小さくできる、などの利点があります。

JIS規格などで製品寸法だけでなく軸側のはめ合い寸法も規格化されており、メーカー間で互換性があります。寸法や使用環境などの条件が合致すればメーカに関わらず使用できます。

滑り軸受は、メンテナンスや取り外しを想定して使用することは少ないため、取付は圧入によるものがほとんどです。圧入しやすいようスリットが入っているものもありますが、圧入時に変形してしまうこともありますので、適切な工具・治具を準備し、正しい作業方法で圧入することが大切です。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/machine_design/md05/g0016.html
https://www.ntn.co.jp/japan/products/catalog/pdf/5116.pdf

滑り軸受のメーカー情報

滑り軸受のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 サンゴバン株式会社
  2. 2 ミネベアミツミ株式会社
  3. 3 日本エスケイエフ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社SBC
  2. 2 directindustry
  3. 3 New Way Air Bearings

歴史のある会社

  1. 1 サンゴバン株式会社
  2. 2 株式会社阪上製作所
  3. 3 日本エスケイエフ株式会社

滑り軸受のメーカー26社一覧


滑り軸受の91製品一覧

滑り軸受のオンライン購入


amazonでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器