産業用製品比較のメトリー
メトリー
黒田精工株式会社
竹内精工株式会社
株式会社ツバキ・ナカシマ
株式会社エイエスケイ
株式会社TOK
株式会社SBC
旭精工株式会社
日本精工株式会社
日本ベアリング株式会社
日本トムソン株式会社
ユニオンツール株式会社
フォーティブICGジャパン株式会社

【2020年版】リニアガイド メーカー23社・93製品一覧

リニアガイドのメーカー23社・93製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


リニアガイドとは

リニアガイドは、ガイドに内蔵された球のころがりを用いてレール上を直線運動させるための機械要素で、LMガイドとも呼ばれます。

レールの移動に球のころがりを使うのは、ころがり運動が滑らかで摩擦が少ないことを利用するためです。このため、リニアガイドは小さい力で滑らかに移動ができます。精密加工されたレールと球はガタが少なく、球の回転が正確にガイドの移動に伝わるため、高い位置決め精度を得ることができます。

リニアガイド自体では推進力を持っていないため、ガイドを任意の方向に動かすためにボールねじやシリンダーなどの機構と組合わせて使用されます。

リニアガイドの使用用途

リニアガイドは、ガイドレール、直動ブロック、ボールで構成されています。構造部材に取り付けられたガイドレールの上を、可動部材が取り付けられた直動ブロックが移動します。この時の移動は、ボールによるころがり運動で稼働します。

ガイドレールにはボールがころがるための溝が設けられており、ボールは直動ブロックからの圧力を受けて、レールに対して45°の角度で力が加わるように組み立てられています。これは、スラスト方向とラジアル方向の荷重を分散させて、リニアガイドの稼働を滑らかにすることや寿命を長くする役割などがあります。

稼働時にボールがころがることで、ボール間の距離が変化し稼働にムラができることを防ぐために、リテーナによって、ボール間の距離を一定に保ちながら稼働できるようになっています。

リニアガイドには、ボールやレールの精度によって等級別に分かれています。精度等級が上がるほど使用環境が制限されてきますので、使用の際は荷重計算を行い、定格寿命を考慮した上で使用することが求められます。

リニアガイドの原理

リニアガイドは、ガイドレール、直動ブロック、ボールで構成されています。構造部材に取り付けられたガイドレールの上を、可動部材が取り付けられた直動ブロックが移動します。この時の移動は、ボールによるころがり運動で稼働します。

ガイドレールにはボールがころがるための溝が設けられており、ボールは直動ブロックからの圧力を受けて、レールに対して45°の角度で力が加わるように組み立てられています。これは、スラスト方向とラジアル方向の荷重を分散させて、リニアガイドの稼働を滑らかにすることや寿命を長くする役割などがあります。

稼働時にボールがころがることで、ボール間の距離が変化し稼働にムラができることを防ぐために、リテーナによって、ボール間の距離を一定に保ちながら稼働できるようになっています。

リニアガイドには、ボールやレールの精度によって等級別に分かれています。精度等級が上がるほど使用環境が制限されてきますので、使用の際は荷重計算を行い、定格寿命を考慮した上で使用することが求められます。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/machine_design/md01/c1087.html

リニアガイドのメーカー情報

リニアガイドのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本精工株式会社
  2. 2 フォーティブICGジャパン株式会社
  3. 3 THK株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社SBC
  2. 2 Bosch Rexroth Corporation
  3. 3 PMI-GROUP

歴史のある会社

  1. 1 日本精工株式会社
  2. 2 シュネーベルガー
  3. 3 旭精工株式会社

リニアガイドのメーカー23社一覧


リニアガイドの93製品一覧

リニアガイドのオンライン購入


アズワンでチェック


ミスミでチェック

リニアガイドのレンタル


ヤフオクでチェック


オリジナルマインドでチェック


FA機器でチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器