産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社ビックス
東京電子株式会社
東京硝子器械株式会社
日本エアーテック株式会社
伸榮産業株式会社
ヤマト科学株式会社

【2020年版】グローブボックス メーカー26社・78製品一覧

グローブボックスのメーカー26社・78製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


グローブボックスとは

グローブボックスとは、細胞培養作業や人体に有害なガスを取り扱った作業など、外気や人間との接触が好ましくない作業を行う際に主に用いられる、作業空間へ外部から手を入れることができるグローブが一体化した箱型容器のことを言います。

グローブボックスの使用用途

グローブボックスは、その内部の清浄度管理の仕組みの違いから、大きく2種類に分けることができます。1つは内部空間を一度真空引きし、その後窒素やアルゴンなどの不活性ガスを注入する、真空型と呼ばれるものです。もう1つは置換型と呼ばれ、内部を真空引きすることなく、不活性ガスによって置換するだけのものです。一度真空に引く真空型の方が、グローブボックス内の水分や酸素などの不純物質を一掃できるため、清浄度の高い空間を作り出すことができます。また、グローブボックス内に置くサンプルが非常に反応性の高い場合は、容器本体やグローブとも反応を起こすことが考えられます。そのため、反応性が高いサンプルに対応するため、本体やグローブの素材はプラスティックからステンレスまで幅広い素材を適切に選定することが必要です。

グローブボックスの原理

グローブボックスは、その内部の清浄度管理の仕組みの違いから、大きく2種類に分けることができます。1つは内部空間を一度真空引きし、その後窒素やアルゴンなどの不活性ガスを注入する、真空型と呼ばれるものです。もう1つは置換型と呼ばれ、内部を真空引きすることなく、不活性ガスによって置換するだけのものです。一度真空に引く真空型の方が、グローブボックス内の水分や酸素などの不純物質を一掃できるため、清浄度の高い空間を作り出すことができます。また、グローブボックス内に置くサンプルが非常に反応性の高い場合は、容器本体やグローブとも反応を起こすことが考えられます。そのため、反応性が高いサンプルに対応するため、本体やグローブの素材はプラスティックからステンレスまで幅広い素材を適切に選定することが必要です。

グローブボックスの選び方

一般に、真空型のグローブボックスの方が清浄度の高い空間を確保できますが、付帯設備として真空ポンプが必要であり高額になることが多く、環境がシビアでない簡易的な実験を行うには少し大がかりとなります。そのため、比較的周辺環境の依存が少ない実験用に使う場合や、初めての導入などの場合は、置換型のグローブボックスから取り扱ってみるのもいいでしょう。ただし、どちらの場合も本体とグローブの素材には、実験を予定しているサンプルとの反応性がない素材を選ぶことが重要です。

参考文献

https://www.jae.com/about-connectors/2/
https://www.lemo.co.jp/each-uses/hight-voltage.html
http://www.meganics.co.jp/pdf/series/3056.pdf

グローブボックスのメーカー情報

グローブボックスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トーホー
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社ヨシダ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社美和製作所
  2. 2 株式会社ブライト
  3. 3 株式会社エイエルエステクロロジー

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 株式会社奈良機械製作所
  3. 3 株式会社ダルトン

グローブボックスのメーカー26社一覧


グローブボックスの78製品一覧

グローブボックスのオンライン購入


モノタロウでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

グローブボックスのレンタル


ヤフオクでチェック


メルカリでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器