【2021年版】ネットキャップ メーカー6社一覧

ネットキャップのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ネットキャップとは

ネットキャップとは、毛髪落下の帽子を目的として、ヘアーキャップの内側に着用するメッシュの帽子のことです。

この細かいメッシュがあることで、毛髪やふけなどの落下、混入を防止できます。

その一方で、頭頂の部分は、比較的荒いメッシュを使用しているため、通気性を確保でき、蒸れ感を和らげます

ネットキャップには、使い捨ての物と、洗濯して再度利用可能なものもあります。

ネットキャップの使用用途

ネットキャップは、髪の毛などの異物を今夕させていけない場所で用いられており、具体的には、食品加工工場や、精密機器製造工場や、研究室や、医療現場などで用いられています。

特に食品関係においては、2020年6月にHACCPを義務化した、改正食品衛生法案が施行されたため、今後の衛生管理はより一層厳重になりました。

このHACCPの対象範囲は、食品の製造や、加工や、調理や、販売などを行う全事業者であるため、広範囲に影響を及ぼす制度となっています。

HACCPとは、食品等の事業者が、食品を製造する過程で生じる可能性のある、危害要因を除去し、安全性を確保することを目的とした、衛生管理手法のことを指しています。

諸外国の中には、すでに義務化されていた所があったもの、日本国内ではまだ一部の大手企業しかし採用していなかったため、立法措置が講じられることとなりました。

このことより、HACCPを導入済みの施設では、ガイドラインに則り、従業員の教育及び訓練を行い、定められた製造工程を遵守することが必要になります。

よって、従来よりも一層衛生管理が厳しくなり、ネットキャップの取り扱いもより一層大事となってきます。

ネットキャップの原理

食品加工工場においては、最初にネットキャップを被る職場がほとんどと言えます。

ネットキャップを正しく着用すれば、髪の毛をきちんと覆うことができるため、衛生面も安心なものとなります。

コツを知り、以下のような、正しい着用方法でかぶります。

まず、髪を後ろに束ねます。

次に、インナーキャップを裏返して、内部に異物が付着していないかを、きちんと確認します。

そして、裏返したままで、中心の部分が顔に来るように、額に当てます。

次に、額を固定したままで、もう片方の手で裾を裏返して被っていきます。

そして、中心がズレないように固定しつつ、引っ張っていきます。

最後に、髪の毛がはみ出ていないかをきちんと確認します。

被り方のコツとしては、きちんと裏返してから、額に固定しつつ被ることがポイントです。

こうすることで、髪を後ろに束ねた状態を、崩すことなく着用できます。

仮に、普通に上から被るってしまうと、髪の毛が下からはみ出ることになるので、気を付けます。

毛髪や頭部に付着した汚れ等は、本人が気づかないうちにでも、落下して異物混入となってしまう恐れがありますが、ネットキャップを被っていれば、そのようなリスクから、作業環境を守り、異物の混入をしっかりと防止できます。

食品加工工場や、精密機器製造工場や、研究室や、医療現場などの、幅広い現場で活用されるネットキャップは、正しく装着することが重要となっています。

まず、着用する人にフィットするサイズの物を選ぶことと、次に髪の毛をしっかりとネットキャップ内に入れること、そして脱着についてのルールがあるケースでは必ず守ることで、リスクを軽減できます。

参考文献
https://www.monotaro.com/k/store/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97/
https://www.l-m.co.jp/blog/?p=7041
https://www.askul.co.jp/f/special/product_column/haircap/

ネットキャップのメーカー情報

ネットキャップのメーカー6社一覧


ネットキャップのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 サンフラワー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 まいど屋株式会社
  2. 2 サンフラワー株式会社
  3. 3 株式会社スヴェンソン

歴史のある会社

  1. 1 国立株式会社
  2. 2 株式会社スヴェンソン
  3. 3 サンフラワー株式会社

関連記事

カテゴリから探す