【2021年版】シーティングプレート メーカー3社一覧

シーティングプレートのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シーティングプレートとは

シーティングプレートとは、工事などで埋設、開削する際の土留めのことです。

土中に浅い溝を作り、溝の両サイドにプレートを設置したものです。

プレートの間は切梁(きりばり)により接合されており、周囲の土圧からプレートを支える役割をしています。

切梁にはハンドルが取り付けられており、プレートの間隔を変更させることができます。

部品点数が少なく、組立や解体も容易で、少人数であってもシーティングプレートの設置が可能です。

シーティングプレートの使用用途

シーティングプレートは掘削工事が行われる様々な現場で使用されます。
上下水道、電力などの配管の地下埋設の際に利用されます。

例えば、雨水などを放流するための配管を地面の下に設置する工事が行われます。

このとき1メートル以上の深さに配管を設置するため、掘削する溝は人の身長ほどの深さに達します。

この場合、重土圧用のシーティングプレートを使用し、切梁による支えも設置した上で配管工事を行います。

比較的浅い深さで作業する場合、軽土圧用のシーティングプレートも使用されます。

シーティングプレートの原理

地盤を掘削するときには周りの地盤が崩れないように支えが必要となる場合があります。
支えとなる構造物を土留や山留といいます。

あるいは止水を目的として土留が使用される場合もあります。

シーティングプレートは土留の一種です。
溝の深さに応じて重圧用と軽土圧用のシーティングプレートがあります。

溝の深さが浅い場合にはプレートだけで支えることができます。

しかし、溝が深くなり、地盤が崩壊する危険性がある場合には、重土圧用のプレートを用います。プレートの間には切梁が使用されます。

切梁はパイプ形状で、水平にプレート間に挿入され、プレートの倒壊を防ぎます。

このようなプレートの利用方式はたて込み式と呼ばれ、工事現場において良く使われます。

一方、他に地盤を支える方式として、重力式、もたれ式などがあります。この場合、コンクリート擁壁により土留がされます。

山間部などで地盤が露出している場合で、車道や歩道沿いにおいては、このような土留方式が用いられます。

参考文献
http://www.ryoki-japan.co.jp/rental/item12/pdf/cleaning06.pdf
https://taikou-kogyo.co.jp/y_knowledge/

シーティングプレートのメーカー情報

シーティングプレートのメーカー3社一覧


シーティングプレートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本スピードショア株式会社
  2. 2 ゴコウ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本スピードショア株式会社
  2. 2 ゴコウ株式会社
  3. 3 西尾レントオール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 西尾レントオール株式会社
  2. 2 ゴコウ株式会社
  3. 3 日本スピードショア株式会社

関連記事

カテゴリから探す