株式会社コスメック
JPN株式会社

【2021年版】油圧クランプ メーカー5社一覧

油圧クランプのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


油圧クランプとは

油圧クランプは、油圧を利用して治工具や金型、加工するワークを固定するために使用される装置です。

従来では、ボルトによる締め付け力によってそれらを固定することが一般的でありました。

多種少量生産に対応するため、段取り時間の大幅な短縮が求められることが多くあります。

そこで、自動でクランプできるシステムとして油圧クランプが広く使用されています。

圧縮空気によってクランプ装置を駆動させる、エアクランプもありますが、強固に固定するには油圧クランプが優位になります。

油圧クランプの使用用途

マシニングセンタでは、治工具や加工するワークを直接クランプするためなどに使用されています。

また、プレス機械や射出成型機の金型の固定などにも広く使用されています。

使用するにあたって、油圧クランプ本体と、油圧力を発生させる油圧ユニットを用意する必要があります。

油圧ユニットは、一般的な電動機によって油圧ポンプを駆動し油圧を発生させるタイプや、エアハイドロブースターによって油圧を発生させるタイプが採用されています。

後者のタイプは、空気圧を油圧に変換し、さらに増圧させる装置です。圧縮空気をつなぐだけなのでシステムがコンパクトになります。

あとは、クランプとアンクランプの切り替えをおこなう電磁弁とクランプ時に圧力まで一定のレベルまで上昇したことの確認をおこなう、圧力スイッチを使用するのが通常のシステムです。

油圧クランプの原理

油圧クランプは、T溝に取り付けて任意の位置で使用するものや、あらかじめ開けたネジ穴に、ネジ止めによって固定するものなどがあります。

強固なクランプ力と高い剛性を備えながらコンパクトであることが汎用性を高めます。

基本的に、クランプする対象物の厚さやクランプする推力、取り付けるT溝寸法によって使い分けをおこないます。

対象物の厚さに種類があり、油圧クランプのストローク内では吸収できない場合、一番厚いものを基準として、スペーサを入れることで調整することもおこないます。

交換を要する場合には、油圧クランプに繋いだ油圧ホースをワンタッチで外せるようにすることで段取り性を高めます。

圧力スイッチによるクランプ確認とあわせて、油圧クランプに近接スイッチを併設することでクランプ対象物がクランプ位置にあることの確認をおこなう場合もあります。

電気的にインターロックをとれるため安全性が高まります。

油圧クランプは、あくまで対象物の固定に使用し、金型などの位置決めの再現性が必要な場合には別途対策を講じる必要があります。

クランプ力は劣りますが、位置決めと油圧クランプの両方の機能を持つものもあります。

参考文献
https://dtfc.co.jp/qd_clamp.html
https://www.pascaleng.co.jp/jp/products/imm/moldclamp/
www.kosmek.co.jp

油圧クランプのメーカー情報

油圧クランプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エナパック株式会社
  2. 2 パスカル株式会社
  3. 3 株式会社コスメック

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社コスメック
  2. 2 株式会社ダイナテック
  3. 3 JPN株式会社

歴史のある会社

  1. 1 エナパック株式会社
  2. 2 パスカル株式会社
  3. 3 JPN株式会社

油圧クランプのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す