株式会社ワールド
愛知時計電機株式会社
富士電機株式会社
パナソニック株式会社

【2021年版】警報機 メーカー16社一覧

警報機のメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


警報機とは

警報機とは、危険や異常を周囲に報せるために、大きな音で警報を鳴らしたり、メールや電話通報、回転灯など作動するセンサーや警報機器を指します。防犯や防災(火災、ガス漏れ、漏電など)、設備に異常動作や誤作動、漏電、断線などがあった場合の検知や、それらを点検する人的省力化、無人化などに役立っています。音の切り替えができるものや、光を共に発するもの、自動で主幹ブレーカを遮断するものなど、搭載機能は製品によってさまざまなので選定することが大切です。

警報機の使用用途

警報器は住宅や工場、ビル、公園、駐車場などあらゆる場所で防犯や事故や防災など用途によってたくさん使用されています。

  • 火災警報器は住宅をはじめ、さまざまな場所で使用されています。煙を検知するものや熱検知器、ガス検知器などがあります。
  • セキュリティタイプの警報機は、侵入があった場合に、家中に素早くワイヤレスで危険を知らせることが出来ます。音声または光と共に知らせる警報器があります。家だけでなく、工場や資材置き場など侵入者がある場面で利用が可能です。
  • 工場や倉庫では、通路を走るフォークリフトなどが通る際に、センサーの前を横切ると周囲に危険を知らせる警報ランプなどがあります。
  • 各種の機器設備において信号の異常があった場合に、無線で警報を知らせるシステムがあります。遠隔で監視が可能になります。

警報機の特徴

特徴
警報器は目的によってさまざまタイプがあります。それぞれのセンサーの特徴と用途について説明します。

  • 赤外線センサー
    赤外線のビームで感知エリアをつくり、侵入者を感知します。警告音や光の点滅で警告します。また外部へ通報のできるものもあります。
  • 横揺れセンサー
    センサー自体が揺れを感知すると警告を発する装置です。センサーが傾くことにより作動するので、警戒したいものへ垂直に立てて使用します。携帯発振器に埋め込んで、作業者が一人の場合などに安否確認のために使用することもあります。
  • 高齢者安否システム
    通常の動きがあったに警報を鳴らすのではなく、長時間センサーに感知がみられない場合を異常事態と認識して、警告通報を行うシステムです。トイレや玄関、居間、冷蔵庫、寝室などに取り付けて使用します。
  • 携帯電話を使用した自動通報システム
    固定電話回線がない建物の遠隔監視が可能です。警報機から携帯電話網を使用して遠隔地に異常を知らせることが出来ます。また、カメラをしようした転送システムもあり、監視カメラで撮影した映像を携帯電話へ転送するものがあります。防犯だけでなく、安否確認などにも使用されています。

参考文献
https://www.security-joho.com/service/keihouki.htm
https://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/

警報機のメーカー情報

警報機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 株式会社ワールド

設立年の新しい会社

  1. 1 三菱重工冷熱株式会社
  2. 2 東報防災工業株式会社
  3. 3 株式会社三谷製作所

歴史のある会社

  1. 1 東京ガス株式会社
  2. 2 愛知時計電機株式会社
  3. 3 アズビル金門株式会社

警報機のメーカー16社一覧


関連記事

カテゴリから探す