三木プーリ株式会社

【2021年版】防振マウント メーカー5社一覧

防振マウントのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


防振マウントとは

防振マウント(英語:antivibration mount)とは、機器や部品の作動時に発生する有害な振動をゴムなどの弾性体で支えたり挟み込むことにより外部へ伝えにくくしたり外部からの振動を吸収する材料のことをいいます。

機器や設備で発生する振動は音や機器そのものの破損、周辺部位の破損につながるため、防振マウントを用いることにより減少させます。機器の破損以外の目的では、振動や衝撃を低減して使用者の快適性を改善するために使用されます。

防振マウントの使用用途

建築部材での用途は、各種配管の支持や建物に据え付けされるエアコン室外機、エレベーターなどの他に床の防振などに使われます。

自動車などの輸送機器ではエンジン懸架装置や駆動装置、各装置の取り付けに用いられ乗員の快適性を向上させるためにも用いられます。

高倍率の顕微鏡や表面粗さ計、分析用電子天秤(はかり)など振動を嫌う精密な測定機器や検査機器の台に使用されています。

電子機器や家電製品にも用いられ、振動に弱い電子基板や電子部品を保護する目的で使用されます。

防振マウントの原理

防振マウントは、振動源と振動を受ける対象物の間に挟み込んで使われます。防振マウントに使用されるゴムやシリコン、ウレタンなどの弾性素材が、機器などで発生した振動エネルギーを自身の変形によって一時的に蓄えることで対象物に振動が直接伝わるのを防ぎます。伝達される振動を小さくするには、物体のもつ固有振動数(単位時間あたりに振動する回数)を考慮しる必要があります。固有振動数から大きく外れた振動数で揺すられたときには大きく揺れることがないため、防振マウントのばね乗数と振動源の質量で決まる固有振動数を対象物の固有振動数と離すことにより振動の伝達を小さくすることができます。

振動を低減させる防振は対象物の質量と防振マウントのばねの強さで決まる固有振動数を変化させることで共振を避けることが主な目的なので、搭載する機器の質量と使用する防振マウントの個数や耐久性、設置スペースなどから算出して必要なマウントを選定します。

参考文献
https://www.nabeya.co.jp/vibration/academy/first-step.html
https://www.kuraka.co.jp/technology/develop/vibration_isolation/index.html
https://www.kuraka.co.jp/product/building/rubber/04/index.html

防振マウントのメーカー情報

防振マウントのメーカー5社一覧


防振マウントのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 倉敷化工株式会社
  2. 2 三木プーリ株式会社
  3. 3 株式会社ミトヨ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エース
  2. 2 倉敷化工株式会社
  3. 3 株式会社ミトヨ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ナベヤ
  2. 2 三木プーリ株式会社
  3. 3 株式会社ミトヨ

関連記事

カテゴリから探す