コンドーテック株式会社

【2021年版】UVシート メーカー5社一覧

UVシートのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


UVシートとは

UVシートとは太陽光中に含まれる紫外線(Ultravioret、通称UV)を遮断する効果を有するシートのこと。ゴム、樹脂、表面皮膜等の高分子素材やコーティング被膜は紫外線の影響で経時的に架橋構造が変化し、劣化(いわゆるボロボロの状態に至る)するが、これを防ぐために主に屋外でカバーとして使用する。そのため、UV耐性のほか、一般に対候性や引裂強度なども持たせ厚みを持たせてある。資材のカバーや野積養生、積み荷のカバーなどに使用する。

なお、屋外から窓を通して室内に入る紫外線をカットする目的で窓用UVカットシート(フィルム)もある。

UVシートの使用用途

いわゆる屋外において野ざらしによる紫外線ほかの影響での資材や貨物などの劣化を防ぐためにカバーや養生として使用する。長期使用を想定した建築現場や農作業用途のほか、一般の家庭でも使用。最近は環境への影響を想定した製品も多く、廃棄(燃焼)時のメタンガスやCO2などの温室効果ガスの発生量を抑えるタイプの製品も増えている。

一方窓用UVカットシートはガラスを通過して室内に透過する紫外線をカットするために窓に張り付けて使用する。

UVシートの原理

太陽光に含まれる紫外線のうち、地上に届くのは主にUVB(280-320nm)、UVA(320-400nm)という長波長側のもの(UV-Cは大気中のオゾン層を通過する際にほぼ吸収される)で、これらを反射したり吸収することでシート下のものを紫外線より保護する。ポリエチレン素材のものが主で、紫外線吸収剤や紫外線錯乱材を含む。

紫外線吸収剤は吸収した紫外線を熱などに変換することで影響を抑える。一方紫外線錯乱剤は物理的に紫外線を反射・錯乱することでその影響を抑えるもので酸化亜鉛や酸化チタンなどが用いられる。なお反射剤は紫外線を反射する性質上一般的に白浮きを生じやすい。

窓用シートには紫外線を透過しずらいポリエステルやポリスチレンなどの素材が用いられるが可視光(いわゆる光)自体もさえぎられるため明るさも損なわれる。そのため光透過性を上げつつ紫外線抑制効果を向上させるために配合剤や薄さ、接着剤などで各社が工夫を行う。

参考文献
https://seihin-sekkei.com/blog-pla-think-19-2/
https://www.basf.com/jp/ja/products/paint-coating-industry/tinuvin/what-is-uva-hals.html
http://matsumoto-trd.com/product/pdf/concept/r00.pdf
https://sweb.u-shizuoka-ken.ac.jp/~photobio/hikari_ultraviolet.html
http://www.ekouhou.net/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E6%9D%90%E8%B3%AA%E5%88%A4%E5%88%A5%E8%A3%85%E7%BD%AE%E5%8F%8A%E3%81%B3%E6%96%B9%E6%B3%95/disp-A,2008-292300.html

UVシートのメーカー情報

UVシートのメーカー5社一覧


UVシートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アキレス株式会社
  2. 2 コンドーテック株式会社
  3. 3 株式会社ライト黒板製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 タニ工業株式会社
  2. 2 萩原工業株式会社
  3. 3 株式会社ライト黒板製作所

歴史のある会社

  1. 1 コンドーテック株式会社
  2. 2 アキレス株式会社
  3. 3 株式会社ライト黒板製作所

関連記事

カテゴリから探す