旭産業株式会社

【2021年版】スパッタシート メーカー7社一覧

スパッタシートのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スパッタシートとは

スパッタシートとは、飛び散る火花を受け止めるためのシートです。火花が周りの物体に付着した場合、物体の材質によっては燃えてしまい火事になる恐れがあります。燃え広がりを防ぐために、スパッタシートが使われます。

スパッタシートの材料はガラス繊維や炭化繊維が使われています。これらの繊維に使われている物質は融点が高いため、火花が付着しても燃えたり溶けたりせず防火性能を発揮します。

JIS規格で、スパッタシートの性能が3種類に分けられています。A種、B種、C種とあり、A種が一番難燃性をもつ規格になります。

スパッタシートの使用用途

スパッタシートは主に溶接で利用されることが多いです。

溶接とは熱や電流を与えて金属表面を溶かし、表面同士を結合させることで、別々の材料を一体化させる方法です。

溶接にも種類がありますが、その中でもアーク溶接と呼ばれる手法があります。アーク溶接は手軽に行える方法ですが、火花が周りに飛び散りやすいという問題があります。火花の飛び散りによる物体の燃焼を防ぐため、シートが使われています。

最近では溶接だけでなく、キャンプの焚火時にも防火対策として使われることがあります。

スパッタシートの原理

スパッタシートの材料として、主に使われているのがガラス繊維と炭化繊維です。

  • ガラス繊維
    溶かしたガラスを細長く引き伸ばし、繊維状にしたものです。

ガラスは高温にしても溶けるだけで、燃焼することがありません。理由としてはガラスの構造にあります。ガラスはシリカ(SiO2)を主成分としています。SiO2の結晶構造は安定しており、化学反応が起きにくいです。燃焼自体は酸素などが結びつく化学反応ですが、SiO2は既に酸化物となっているため燃えにくくなります。

ガラスは難燃性以外にも、絶縁性に優れています。溶接には電気を使うものもあるので、絶縁性も求められる場合に使われます。

  • 炭化繊維
    ポリアクリロニトリル樹脂を高温処理し、炭化することにより製造されています。他の樹脂に比べて炭素の含有率が多いため、炭化繊維に使われています。

炭素自体は酸素と結びつき燃えます。しかし炭化繊維を構成する炭素は結合が強く、結合間に酸素が入り込めなくなるので、燃焼が発生しにくくなります。

炭素繊維は軽くて強いという特徴があります。またガラス繊維と異なり表面がチクチクしていないため、扱いやすいです。

参考文献
https://www.kyowa-inc.co.jp/products/176/
https://www.monotaro.com/g/00132939/
https://happycamper.jp/_ct/17383526
http://www.daiko-jp.com/product/kogyo/sheet.html
http://www.osaka-ss.co.jp/flameretardance/index.html
https://mitsu-ri.net/articles/welding-typical-type
71-05_70fushigi09.pdf
http://www.ecs.shimane-u.ac.jp/~kageshima/saito/si-oxidation.html
http://nrifd.fdma.go.jp/public_info/faq/combustion/index.html
https://www.0ho.co.jp/material/p7/
https://pub.nikkan.co.jp/uploads/book/pdf_file568086c415c1c.pdf

スパッタシートのメーカー情報

スパッタシートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 コンドーテック株式会社
  2. 2 旭化成アドバンス株式会社
  3. 3 旭産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 旭化成アドバンス株式会社
  2. 2 株式会社ダイコー
  3. 3 岸工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 旭産業株式会社
  2. 2 コンドーテック株式会社
  3. 3 吉野株式会社

スパッタシートのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す