株式会社ダイヘン
東京精電株式会社
日本ヒーター株式会社
山菱電機株式会社

【2021年版】電圧調整器 メーカー12社一覧

電圧調整器のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電圧調整器とは

電圧調整器(英語:Voltage regulator)とは任意値へ出力電圧を可変出来るもので電圧を高精度で変動させ用途に応じて、出力するためのものである。

良く使われる用途としては、工場や建屋内の設備毎に電圧仕様に合わせて可変した電圧供給を行うために使用されます。

電源機器メーカーから様々な種類の電圧調整器が販売されており、使用環境や使用用途・目的に応じて適切なものを選定する必要性があります。

特に5G(ファイブジー)対応の関係で通信機器業界における取引需要が近年伸びている。

電圧調整器の使用用途

電圧調整器はトロイダル変圧器と摺動ブラシ及び摺動機構によって構成された出力電圧を可変出来る製品で任意の電圧を取り出すことを目的に利用されます。

電圧調整器は、昨今の状況では2つのタイプに大別でき、使用目的、使用環境などに合ったタイプの電圧調整器を選ぶ必要があります。

電圧調整器の区分を以下に記載します。

  • 摺動型電圧調整器:トロイダル変圧器と摺動ブラシ及び摺動機構によって構成
  • 半導体型電圧調整器:半導体基板内の素子による変圧機構を有することが特徴。

摺動型に比べコンパクトであるもののノイズなどによる破損のリスクが存在する。

電圧調整器の原理

ここでは電圧調整器の原理について説明します。

電圧発生器は、機器の中に搭載されているトロイダル変圧器と摺動ブラシ及び摺動機構によって出力電圧を可変する。

タッチパネルや付帯スイッチでの操作後に、即座に入力電圧を任意の値へ可変し出力することができる。

電圧調整器は主に単相100V、単相200V、三相200V、三相400Vの4種類に分類され、それぞれの用途に応じて使い分けされる。

以下に主な特徴を記載する。

  1. 入力電圧 100Vから440Vまで可変の上、出力可能。
  2. 半導体を使用した電源装置と異なり、瞬時な過電流に強い。

また電圧調整器を使用する上では、直流用途で使用するか、交流用途で使用するかを決めた上で使用目的、使用環境などに合ったタイプの電力変換器を選ぶ必要があります。

メーカー毎に様々な特徴が存在するため、使用用途に合わせて使い分けを行った上で適切な電圧へ調整し、電圧供給することが重要になります。

参考文献
http://www.tokyo-seiden.co.jp/seihinn/dc0157/
https://axel.as-1.co.jp/asone/g/NCGJ058559/

電圧調整器のメーカー情報

電圧調整器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 東北電機製造株式会社
  3. 3 中国電機製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 デンソクテクノ株式会社
  2. 2 株式会社木村電機製作所
  3. 3 東北電機製造株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 東京精電株式会社
  3. 3 日本ヒーター株式会社

電圧調整器のメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す