【2021年版】シャッターオイル メーカー0社一覧

シャッターオイルのメーカー0社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シャッターオイルとは

スプレータイプ(シリコンスプレー・グリススプレー)の物やグリス、潤滑油などがあります。

シリコンスプレーは被膜作成による錆びつきの防止、シャッターの上げ下ろし時の騒音軽減に寄与しています。

潤滑油は金属の洗浄に向いており、錆びたネジや部品洗浄、ネジ外しの補助に使用します。

グリスは半固形状の潤滑材で少量で部品の潤滑が可能ですが、異物の除去や洗浄には不向きです。

手動、電動共にシャッターのメンテナンス時に使用します。

レールについた余分なゴミを除去してから使用します。

シャッターオイルの使用用途

オイルスプレーは金属の錆び取りや洗浄、ネジなどの部品の固着を取るために使用されています。

グリスは長時間オイルを潤滑させる効果が高いためにドアの蝶番や車のトランクの可動部などに使用されます。

シリコンオイルは耐熱性・耐寒性に優れており、寒冷地での機器の潤滑油に使用されています。

被膜を作り他物質の粘着を防ぐ目的や優れた耐熱性、難燃性、電気絶縁性を生かし、電子機器や半導体分野で使用されています。

優れた撥水性から繊維や金属、ガラスなど様々な材質の撥水加工に使用されています。

シャッターオイルの原理

オイルスプレー(潤滑油・クレ556等)は金属への浸透度が高いため、錆び取りなどの洗浄に向いています。

物への浸透度が高いため、木材に使用するとシミの原因となりますので、金属にしか基本的に使用出来ません。

グリススプレーは粘着性があり、長期間の潤滑に向いています。

シリコンスプレーは表面に被膜を作成し滑りを滑らかにする作用を持っており、金属以外のゴムやプラスチック、木製、紙にも使用できますが、金属の洗浄能力はありません。

シリコンオイルにはストレートシリコンオイルと変性シリコンオイルがあります。

前者は耐熱性、耐寒性に優れており、温度変化によって粘度に差が出にくいです。
被膜効果があるため、撥水性を持ち、他の物質の粘着も防ぐ効果があります。
水のようなものから水あめ状のものまで各種種類があります。

後者は、ストレートシリコンオイルに有機物との相溶性や水との溶解性など特性を持たせ化粧品や撥水剤として使用されています。

シャッターのメンテナンスとしては、オイルスプレーでサビを洗浄後に、シリコンスプレーで被膜を作成します。

オイルスプレーは乾きにくくベタつくので、放置しておくとゴミ溜まりの原因となり、金属以外も場所に付着すると痛める原因となります。

参考文献
https://www.silicone.jp/products/type/oil/index.shtml
https://www.nissili.co.jp/img_data/SMF1_1.pdf
https://www.kyodoyushi.co.jp/knowledge/grease/about/

シャッターオイルのメーカー情報

シャッターオイルのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

歴史のある会社

シャッターオイルのメーカー0社一覧


関連記事

カテゴリから探す