【2021年版】シリコンオイル メーカー5社一覧

シリコンオイルのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコンオイルとは

シリコンオイル(Silicon oil)はさらさらした水のようなものから水あめ状のものまで、粘度の範囲が広い無色透明の液体状のケイ素樹脂です。
化学的に安定し、反応性と生体毒性がほとんどなく、水や酸化や熱にも強く、熱伝導も低い性質があります。 決定的に水にも混ざらず、
油にも混ざらない物質として最もよく知られています。

味も匂いもなくて、撥水性、消泡性など一般の有機材料に見られないユニークな性質を持ち、温度による粘性の変化が小さいので、
機械類のガンマ剤,変圧器オイル,石油の防水剤など様々な目的で広い分野にわたって使われています。

シリコンオイルの使用用途

シリコンオイルは主に電気、医療、医薬、化粧品、機械、ゴム、繊維、プラスチック、金属及び鋳物、食品工業、発酵、インク、塗料工業、
廃水処理、石油化学工業など様々な分野で使われています。

実例は以下の通りです。

  • 電気絶縁油、計器用ダンバー、オイルバス等の熱媒体
  • 撥水剤、消泡剤、つや出し剤
  • 化粧品添加剤
  • 熱媒体、作動油、防振油、液圧器用、ゴム・プラスチックなどの潤滑油
  • 油拡散ポンプ
  • 低温または高温における制動油
  • 繊維、ガラス、金属、粉体などの撥水処理用
  • その他の配合用

シリコンオイルの原理

シリコンオイルは、天然鉱物油、動植物油、各種合成油と異なる優れた性質を持ち、シリコンオイルの中でもジメチルシリコンオイルが最も多く
使用されます。

機械工業分野においては、せん断に対する抵抗性、粘度温度特性、耐熱性に優れ、クラッチ作動油として使われたり、流動点は低く引火点が高く、
水には溶解しないため、ブレーキ液として使われています。 また、温度計や航空機の油圧計、光学器具、精密器具にも応用されています。

無色無臭、生理的不活性を持ち、医療関係、化粧品などにも応用され、注射器用針の潤滑性向上のためにも使われます。
最近ではポリオキシ アルキル変性シリコーン オイルがシャンプーやリンスなど頭髪関連分野でも応用されています。

優れた撥水性で、シルクや毛糸などの天然繊維やナイロン、ポリエステル、アクリルなどの合成繊維の撥水剤として応用されることもあり、
独特な肌触りと柔軟性、そしてしわ防止効果が得られます。

参考文献
https://www.silicone.jp/products/type/oil/index.shtml
https://www.hagitec.co.jp/yy/sozai/008-002-1g-13g.htm

シリコンオイルのメーカー情報

シリコンオイルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 旭化成ワッカーシリコーン株式会社
  2. 2 信越アステック株式会社
  3. 3 スキルド機電株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 スキルド機電株式会社
  2. 2 日本レジン株式会社
  3. 3 株式会社東洋化学商会

歴史のある会社

  1. 1 信越アステック株式会社
  2. 2 株式会社東洋化学商会
  3. 3 日本レジン株式会社

シリコンオイルのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す