鍋屋バイテック会社
株式会社寺岡精工

【2021年版】インジケータ メーカー7社一覧

インジケータのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


インジケータとは

インジケータは指示器とも呼ばれ、計数を表示するための計器および機械要素部品のことを指します。先端の押し込み量を回転運動に換え、ダイヤル目盛により数値を表示するダイヤルゲージが代表例です。

ダイヤル目盛は長針が一回転する量を規定量とし、目盛は一回転を100分割したものが刻まれています。また、長針は10回程度回転するものが一般的です。針が何回転したかを指示する短針があり、長針が指示するダイヤル目盛を基本に長針の回転量を短針で指示したものを組み合わせて指示量としています。

インジケータの使用用途

インジケータはガイドなどの直動運動の真直度測定や、板金などの部品の厚みや反り、軸などの円筒形状をしたものの回転振れなどを測定するために使用します。

インジケータは対象物の測定値を直接数値として表示することができません。そのため基準となる量との比較をして測定します。測定前に必ずブロックゲージなどの基準器を用いて基点を設定する必要があります。その後、対象物を測定し、表示された値を基準量に足し引きして測定値とします。

インジケータの原理

インジケータは測定子の押し込み量を数値として表示します。デジタル式のものはスケールやエンコーダを内蔵しており、測定子の変位を直接数値に変換することが可能ですが、アナログ式のものはそれができず、変位を計数値に変換するための機構が必要です。アナログ式の代表格であるダイヤルゲージでは、ラック&ピニオンにより押し込みの直動運動を回転運動に変換し、ギアの組合せで変位量を増幅して微小な変位が測定できるようにしています。

インジケータは測定子を押し込むと針が時計回りに回転します。測定子を押し込む、針が時計回りに回転する方向を行き方向といい、逆を戻り方向と定義しています。アナログ式のインジケータは、変位量を増幅するためにギアを使用しているためバックラッシがあります。そのため、針の行き方向と戻り方向はバックラッシの影響を受けるため、それぞれに誤差の許容値が設定されているだけでなく、針の回転量に応じて測定ポイントや誤差の許容値が変わります。

参考文献
https://axel.as-1.co.jp/contents/at/s_tools_dialgauge
https://www.keyence.co.jp/ss/products/measure-sys/measurement-selection/type/dial-gauge.jsp

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

インジケータのメーカー情報

インジケータのメーカー7社一覧


インジケータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミツトヨ
  2. 2 株式会社寺岡精工
  3. 3 鍋屋バイテック会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ネオスター
  2. 2 ダイヤテスト・ジャパン株式会社
  3. 3 株式会社サンプラテック

歴史のある会社

  1. 1 鍋屋バイテック会社
  2. 2 株式会社寺岡精工
  3. 3 株式会社ミツトヨ

インジケータのカタログ一覧(2件)

Metoreeに登録されているインジケータのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

株式会社寺岡精工のカタログ



関連記事

カテゴリから探す